FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
成功のための戦略的延期
ビジネス書に強い出版社の編集長から連絡が入る。

発売日のずれ込み。顔が曇る。プロモーションの活動も兼ねていたため、ずれ込みは結構痛い。それに、すでに出版記念パーティの話を進め始めていたからである。


しかし、理由を尋ねると意外な回答。




すでに提出済みの17万字の原稿内容をビジネス系ノンフィクションを担当するプロのライターとパートナーを組み、よりリアルにリライトして練り込みたいとのこと。それによって、リーダーもパブリッシャーも、そして原作者である僕にとって中長期的にいい結果をもたらすと踏んだ延期だった。当初の予定より半年弱の遅れ。


焦る。
vs
しかし、デビュー作。


ライターはトップセラーを叩きだすプロが担当することに。編集側は有名出版社の取締役兼編集長がバックアップであることを考えると、鬼に金棒。

慌てて出版しても内容が伴わなければマーケティングツールにはならない。ここはジックリ取り組み、より多くの読者に読んでもらい、多くの称賛を得る方が得策だと判断。



「待つ」という作業はとても苦手なだけど、
経営戦略の未来を少し書き換えて、楽しみはあとに取っておこう。






スポンサーサイト



Designed by aykm.