FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
感謝x26
ハロウィーン。この季節の風物詩、秋のホームパーティ。

もともとパーティ好きで、大小合わせると独立前は年に15回ほどやっていた。というか、毎月1回以上。多くの仲間が集まるのが楽しいし、自分と皆の位置関係を確認できて嬉しい。

そして引っ越した年に独立、一気に回数が減る。


しかし、その分規模がデカくなった恒例化したパーティは、7回目を数え、総計で150名以上が僕の家を訪れている。50㎡のバルコニーに用意したBBQで豪快に肉が焼かれ、室内と屋外で笑い声が絶えない。天井と床のスピーカーからは、R&Bやジャズが流れる。


弁護士・自動車整備士・商社マン・ディーラー・高校教師・エンジニア・プータロー・学生・デザイナー・コンサルタント・プログラマー・雑誌編集長・出版関係者…22歳から45歳まで職業も年齢も違う26名が集まった。


初めて参加する人もいれば、このパーティで再会する人もいる。通常なら知り合えない業界の人と年齢や立場無関係に接し、新鮮な世界の話を聞きながら楽しいひとときを過ごしてもらう。誕生日や結婚の話題があれば、みんなで祝う。祝福するのは本当にいいものだ。




仲間がいるからこそ今の僕がいる。
素直にそう思えるから、その感謝の意を込めて継続的に開催する。



心から、みんなにありがとう。そして、これからも。










スポンサーサイト



Designed by aykm.