FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「名ばかり正社員」???


ある日のある新聞に非常にくだらないと言わざるを得ない記事を発見した。

若者向け労働調査などを行うどこかのNPOが調査した記事。

正社員の属性を2分類し、「定期昇給とボーナスの有無」で「中心的正社員」と「周辺的正社員」と区別。それによると、労働時間が60時間/週以上になる割合が後者が高い、給与が低いなどと聞き取り調査結果が書かれている。



しかし、である。

そもそも、定期昇給とボーナスの有無で正社員を2大別する時点でおかしい。

バカでもアホでも勤めていれば自然に“定期昇給”するなんて資本主義に反しているし、そういう制度そのものが企業力、ひいては国力をも低下させる。一方ボーナスなどなくても、年棒制でバリバリ働き企業の中心を担っている人は数え切れないほどいる。

つまり、調査の切り口そのものがおかしいとしか言いようがない。そんなものの有無で「中心的」だの「周辺的」だの名称を付けること自体、労働者を軽んじている。



とはいえ一方、その対象者に焦点を当てると、長時間労働を強いられたり、給与が低かったり簡単に解雇されるのは、中心的だろうが周辺だろうが条件はあまり変わらないはずだ。百歩譲って、昇給とボーナスがない労働者にそういう傾向があるとしても、その属性がそうなるのは当然である。

そういう労働環境に置かれる“労働者そのものが引き起こしている”からだ。


組織は実力がある人間を大切にする。実力は企業に有形無形問わず営利をもたらすから当然。それが株式会社たる所以だ。長時間労働や低賃金や突然解雇などは、逆にいえば営利をもたらさない非生産的な余剰人員に対する当然ともいえる対処である。

つまり、「労働者自身がそういう環境を自ら作っている」ということに帰結する。

働くことに関し、企業にとって魅力的でない人間になったのは、人のせいでも時代のせいでも何でもなく、市場価値をあげる努力も苦悩もせずにのうのうと生きてきた自分自身の結果なのだ。

それでもその記事によると、その就業環境から脱出するために転職に救いをもとめる、なんて書かれていたが、その人間が救われることは100%ない。なぜなら、そのまま転職をしても企業がほしがるような実力があるわけじゃないから。

それはその本人の「構造的な負のスパイラル」ともいえる。どこかでビジネスパーソンとしての市場価値を上げない限りは、現実からは抜け出せないのだ。


こういった問題を自分自身が作っている弱者をかばう無能なNPOそのものに非常に疑問を感じる。本来新聞の記事として、もしくはNPOの取材として、企業の「中心的」「周辺的」人員に対する処遇批判をする前に、働く人間自身に焦点を当てもっと警鐘を鳴らすべきではないだろうか。

スポンサーサイト
こういうトップがいるからこそ

会社設立から50年もの間、世の中の変化を見続けてきた老舗企業。

これまでの50年を振り返り、これからの50年をより輝かしいものにするために、我々とミッション・ビジョン・バリュー(DNA)を策定。

これまでの半世紀という歴史を誰とどう乗り越えるのか -経営陣は、若干まだ「経営」という未知の世界に戸惑う若手ミドルも熱く巻き込み、組織変革に取り組み始めた。



その目論見はものの見事に当たり、今まで経営とは全く無関係・無関心だったミドルの目の色が変わってきている。それは経営陣合宿で決定したDNAを社員に発表する決起集会の時点で早くも証明された。

通常なら、経営陣のトップが社員に向けて組織変革の理由、新生DNA、そして合宿の模様を伝えて理解を促すことが多い中、若手がその役割を率先して買って出たのだ。

組織人員構造上若手が多いため、年が近いメンバーが訴求したほうが関心を引きやすいのも事実であるが、それ以上に彼らは気付かずして徐々に経営者意識が芽生え始めている証拠だろう。

徹夜のプレゼン資料の作りこみに加え、社員が心を開いて聞いてくれるようなBGMの選曲、緊張しないように何度となくやったリハーサル。伝わらなかったら…というプレッシャーや上長からの期待。

しかし、彼らは完璧なまでにやりきった。



それ以上に、そんな会社の大事なことを部下を信じて発表を任せた経営陣の器のデカさも目を見張るものがある。万一ズレて伝わったら、組織は大揺れに揺れる。

しかしそのリスクを取っても、若手に任せたのだ。


キックオフ大成功の打ち上げでは、酔っぱらったトップたちが叫ぶ。

「これからはお前たち若手が会社を担うんだよ。だからこそ、任せたんだ。若い連中をもっともっと引っ張っていくんだよ。それがお前たち自身を成長させるんだ。本気でやろうぜ」

「は、はい…」 

分かっているのか、分かってないのか微妙な返答だったが、それはアルコールのせいもあるかもしれない。

しかしただ言えるのは、トップの責任転嫁の言葉ではないということ。トップが大きな心をもってミドルを巻き込み、未来を託したいのだ。そのためには彼らには何だってしてやる -それが真のメッセージ。


威厳を示したいだけや自己保身という個人感情を切り捨て、組織成長のために何が必要かを本質で捉える事が出来るトップ。

こういうトップがいる会社は間違いなく伸びる。


経営者に痛いプレゼン、終了


たまたま買う予定の本の隣に平置きになっていた僕の書籍を、“つい”買ってしまったんだよ…。

当社の担当役員は笑いながら言う。

騙され半分で読んでみたところ、どこかピンと来るものがあったという。そんなひょんな出会いで、東証・大証の1部上場企業とのお付き合いが始まった。



もっともっと自社を良い会社にしたい…全国津々浦々社長や経営陣の共通した想い。ベンチャー企業だろうと上場企業だろうと、組織を改善するセオリーは大きくは変わらない。

良くしたいのなら、まずは痛いところを正確に知らなければ良くなるものも良くならない。なんとなく痛いところ、では意味がない。

実はこんな簡単なことが、多くの経営者には分かっているようで分かっていないことが多い。それは、トップや人事部のよくある「現状調査のない改善策の施行」という形で証明される。つまり感覚地的に盲目的な効果性の低い打ち手に手を出すことが、いかに多いことか!



2か月をかけて社内根回し・準備・回答・分析をすすめ、いよいよトップの取締役数十名に組織の健康診断結果を発表。

数十名には十分すぎるほどのドでかい会議室、上質な円卓と革張りの重役椅子。一人ひとりの目の前にモニターがあったら、まさに「踊る大捜査線」の“絶対事件の起きない会議室”といった場所だ。

「うちの会社がどんなもんか、見せてもらおう」 と言わんばかりの余裕の表情。それもそのはず、ベンチャー企業ではなく従業員数が軽く1000人を超える上場企業の取締役に上り詰めた方々なのだ。


そんなことは一向にお構いなしに、サーベイ結果を説明。相手がどこの誰だろうと、我々は我々のスタンスで接する。それがプライドであり、持ち味である。

50ページに及ぶデータをゆっくり噛み砕いて説明すると、余裕の表情がこわばっていくのが手に取るようにわかる。それを証明するように、様々な質問が上がった。


プレゼンを終え、最後に社長に挨拶。すると社長は笑顔で言った。

「自社の現状が理解できて非常に有意義な資料だった。ありがとう」


組織の良いところも痛いところも全てトップに帰結するため、こう素直に言えるトップは、絶対早急に改善策を打つだろう。

この企業が今後どうなっていくか非常に楽しみである。

組織の起動、賞賛の涙
数か月前。

あるベンチャー企業社長から 『組織の健康診断』 を依頼された。

組織のどこかがおかしい。やみくもに研修やら組織変更を行う前に、実情を知り問題点や課題点を明確にしてからうち手を考えたい -非常に正しい経営判断である。


当社が無料で提供している組織診断サーベイにより組織の現状を洗い出したところ、経営陣が思ってもいなかった、いや正確には、できていると思っていた重要点ができていないとの結果。

相当のショックだったという。



しかし、社長はにその苦い結果を心に刻み、我々と共に組織変革プロジェクトを発令。


ミッション・ビジョン・バリューを制定し、社員全員に理解・浸透・行動化を促進するプログラムを徹底的に走らせる。そして、組織文化を醸成するタスクフォースも活動を開始。



そのタスクフォースの“ファーストショット”。


第1弾はある期間内で組織価値観を最も行動化したメンバーへの加重計算による投票称賛。立場も部署も無関係、純粋に組織文化醸成に貢献したメンバーを称える。

社員の家族をも招いたパーティでの発表。

表彰された本人は笑顔と驚きでくしゃくしゃの顔、そして彼の奥さんは嬉しさのあまり涙したという。それを見た社員も貰い泣き。それらは多くの写真に収められた。




組織価値観の重要性を「感動」と「涙」という形で社員に訴求し、社員の心のベクトルがDNAに整合一致した瞬間でもある。


理念の唱和やクレドカード作成など、そこに感動がなければ意味がない。あくまでも補助的なツールでしかない。なぜなら唱和やカードでは「心は動かない」からである。



今やその企業は、社員は自ら組織の価値観を少しずつであるが意識し、お互いを助け合い、経営陣が明示するビジョン・ミッションに向かって一致団結し始めている。


もっともっとこういう企業が増えれば、日本は必ず良くなるはずである。一社でも多くのビジョナリーカンパニーへの変革をお手伝いしていきたいものだ。

成長する組織の姿


25歳のある日、突然会社を継ぐことを余儀なくされたのは運命だろうか。

経営なんて何も分からない、でも自分が引っ張っていかなければならない厳しい現実。腹を決めた新社長は死に物狂いで社員を守ってきた。

その企業は数年後に50周年を迎え、強健な市場優位性と前向きな社員に囲まれて第2次成長期に向けて弾みをつけたい -そんなタイミングでコンサルティングを依頼されたのだった。



組織変革の成功のシナリオ通り、現実を徹底的に分析して課題をあぶりだした上で踏み出した経営陣合宿。トップをはじめ、組織の将来をコミットしたミドルが終結、歳は20代から50代まで幅広い。

若手を抜擢したのは、組織変革に現場を巻き込むの起爆剤を狙っただけでなく、将来を牽引する次世代リーダーを育てる戦略も兼ねている。

その選択を出来るのは、本当に社員と企業の将来を見据えているトップだけである。



経営陣合宿の数週間後、組織DNA策定後の浸透ステージの打ち合わせに行くと、すでに合宿参加者の顔つきが変わっている。

特に、合宿を期に驚くほど変わったのは、若手ミドルであった。


自ら役割分担を行い、組織診断や経営陣合宿の説明資料を作り上げている。そしてトップと我々プロを交えて、いかに納得性とインパクトと共感を呼ぶ資料にするかのミーティングは活発な意見が飛び交う。

合宿のあまりにも真剣で組織を根幹から揺るがすような重要事項の決定プロセスに最初は引け越しだった若手も、今や職位を尊重した礼儀は維持されるものの、意見は前向きに発信され、それをトップも受け入れながら会議が進む。


トップダウンや保身文化が働く企業では絶対見られない、爆発的に成長する組織の表情である。

新生DNAは来週全社員に告知される。そして、全社員がみずから新DNAを理解し、体感して腹に落とし込んで行動化を促進するステージが続く。


本気で付き合い、大いなる成長を見届けたい。
アドベンチャーレース 奥大井川大会


5月に出場してから、7月に富士登山、8月にマラソン大会とスポーツイベント出場が続く中、今年4つ目のイベントを迎えた。

マウンテンバイク・トレッキング・ナビゲーション(コンパスを使った読地図)・トレイルランニング・カヌー・ミステリー競技など複数のアウトドア種目を3人一組で突破するという「人間版パリ・ダカールラリー」、もしくは「トライアスロン@山岳byチーム版」と言われる過酷なレース。

実はこのレース、“アウトドア好き”なだけではムズカシイ。

自然と対峙し、高い自己生命力と技術、およびリスク管理が求められる。しかしそれだけではない。どんな時も3人一組でレースを続けなくてはならず、1人でも欠けたらリタイア。個人のチカラだけでなく、チームの結束力やレース戦略も試される。



その我々“TEAM 大腿四頭筋”の絆がいま、大自然の前に試されようとしている。振り返りつつ、我々は何を学んだのだろう。


★ チームチャレンジ (ミステリー競技)
くじに指定された重さをビニール袋に石をいれて指定重量±200g以内で当てる競技。指定範囲内に収まるまで、くじ引きと重量測定の100mを往復ダッシュしなければならない。レース経験にあまり依存しない種目にみな四苦八苦。我がチームは15位ほどでクリア。

★ スタート~CP3 : MTB 22km
ルートの90%が瓦礫の林道、標高差400mを一気にヒルクライムで駆け上がる。直後、約13kgの自転車を肩に担いで距離700m、標高差にして250mのケモノ道の急崖を降り、残りをダウンヒルでかっ飛んで下る。 MTB初心者がいたため、30位に後退。

★CP3~CP4 : ラン 4.5km
好天気に恵まれ、灼熱地獄と化したアスファルト道を走る。最後に登山道を上るが入口を間違え、CP4直前で森の中で迷う-ナビゲーションミス。人跡未踏の山斜面を徘徊し、崖を上ると思いっきり登山道が。ロスタイムでかなりのチームに抜かれてしまう。

★CP4~CP7 : トレッキング 7km
登山道をひたすら登る-昇高量580m。ハードでも歌を口ずさみながら先をゆく若手2名とはうらはらに口数も乏しく淡々とついていくが腿が疲労痙攣。苦しむ僕を気遣ってペースを落としたり、予定回数以上に休息を入れてくれる。ナビゲーションで近道に成功、前半のナビミスを挽回しCP5を32位で通過。

★CP7~CP8 : トレイルランニング 8km
暑さとトレッキングの疲れにやられ、みな「トレイルウォーキング」と化し、緩やかなアップダウンがある林道をひたすら黙々と歩む。しかし、気合いと笑顔の掛け声「ラクショー!」が叫ばれるたびに、元気づけられる。ありがとう。26位にジャンプアップ。

★CP8~CP9 : ブッシュウォーク : 3km
背丈ほどの雑草が生い茂り、まさに藪を掻き分けながら、コンパスと地図を片手にナビしながら標高745mから450mまで3kmの道なき急な斜面を下る。通称“藪こぎ”。こんなところで夜を迎えたら100%遭難。疲れからか集中力を切らしかけた女性メンバーがよく転ぶ。

★CP9~CP10 : 沢渡り 2km
CP9通過も完璧ナビゲーションで一気に山を下り、沢へ出る。20mほどの川幅せまくい浅瀬を探し、ザブザブ渡る。透きとおった冷たい水が、7時間もほとんどノンストップで動いて火照った身体に気持ちいい。目の前でCP10探しに迷う他チームを尻目に、難なく見つけて先へ。


AR.jpg


★CP10~CP11 : ラン 3.5km
1日に10本にも満たない列車交通量だが、15mほどのプラットフォームしかない大井川鉄道の無人駅で時刻を確認した上で、急斜面にへばりつくような道路ではなく川と並走する線路を選択。スタンドバイミー状態で車道1km分のショートカットに成功。

しかし、CP11でタイムアップ。本来ならばCP14まであり、カヌーセクション、MTBセクションがあるのだが、前回の奥多摩大会に続き時間関門に間に合わずまたしても完全完走未達。ここが本大会の我々のゴールとなったが、最後は3人で手をつなぎ充実感あふれるままにフィニッシュテープを切った。

総レース時間:7時間21分 総レース距離:48.5km 順位:66チーム中20位。



前回と何が違ったのだろうか?

まず明らかに、チームの結束力が違った。メンバーが1名違う、しかも女性ということもあるが、気遣い、掛け声やモチベートアップが頻繁に見られた。この精神的支えが過酷なレースでは欠かせない。それはビジネスでも同様。共に辛さを分かち合い、乗り越えることができる仲間。

そして、最も重い荷物を担当し行く手を切り開き続けた若手男性、ラテンで前向きで元気な声を出し続けてモチベーションアップを担当した若手女性、そして年齢体力は劣るがナビゲーションやルートファインディングなど経験やスキルに長けている自分。それぞれが得意なものを主体的に能動的に行い、全員が一つのゴールを目指す。


完全完走には至らなかったものの、かけがえのない絆と信頼関係を手に入れた確信。

それが何よりの成果。そして宝物。


近い将来、このメンバービジネスで共に高い頂を目指すのだ。

今から楽しみでしょうがない。

自分との戦いをデータで科学する

狂ったような天気に見舞われた8月。しかし奇跡が起きた。

8月31日。ナイキが主催する世界28都市同時開催マラソンレース「THE HUMAN RACE 10K」。日本の戦場は山梨県の本栖湖、そこに1万人が大集結。

地域物理的制約により東京マラソンの参加者数には及ばないものの、富士山麓がゼッケンナンバーが印刷された真っ赤なデザインTシャツで埋め尽くされるのは圧巻の景色。それに押されたのか、ずっと雨続きだった天気は一転して青空と夏の太陽が支援し始めた。

第1ブロックの先頭には有名選手が並び、北京五輪のメダリストが応援に駆けつけたりとまさにお祭り、ほとんどイベント。



同い年の社長仲間とその社員10名ほどで参戦。たかが10km。されど10km。みん自分の目標タイムを決める。

仕事とは違い、マラソンは自分との戦い。自然との戦い。手を抜こうと思えばいつでも抜ける。
苦しさと目標達成意志との葛藤だからこそ一人ひとりの心にドラマが生まれるのだ。

…なんてカッコつけても、僕自身マラソンレースそのものは初参戦。つまり僕の中でも起ころうとしているドラマにドキドキなのだ。

僕は来週末のアドベンチャーレースのための体調管理を兼ねて、ハートレートモニター(心拍計)を装着し60分以内(=6分/kmキープ)を目標。



レース結果:52分24秒 = 5分22秒/km。

目標は大幅にクリア。ハートレートデータで分析してみる。

平均心拍数 : 174 
最大心拍数 : 198
ハイ心拍ゾーン時間 ≪150-200≫ : 42分間
ミドル心拍ゾーン時間 ≪120-150≫ : 8分間
ロー心拍ゾーン時間 ≪70-120≫ : 2分間


ローゾーンはアップやクールダウン、ミドルはメイン、ハイゾーンは最も息が上がるきつい状態。平常時心拍数が75/分、トレーニング時平均が140/分と比較すると、明らかに非常に高い数値である。時間配分率だとそのほとんどがハイレベルで走りぬいていることになる。

矛盾する自分のターゲット心拍数と1kmあたりの時間。でも目標はあくまでも時間。体をこわなさないギリギリのところでの自分自身との勝負。あきらめるのは簡単。言い訳をするのも簡単。

でもイヤ。


とはいえ、実際のところ苦しかった。本栖湖の景色を楽しむ余裕はあったものの、灼熱の太陽が照りつけ、緩やかであるがアップダウンのあるコース、うじゃうじゃ人で溢れるロード。みな苦しそうにしている。それでもみな同じゴールを目指している。

なんだか、妙な一体感が心地いい。

そしてみな笑顔でゴールする。自分と戦い抜いて、勝った人だけが得られる達成感。


自分を試すためにも、毎年参戦するのもいいかもしれない。


残すところは最終照準のアドベンチャーレースの静岡大井川大会である。


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。