FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
感情の起伏

相変わらず渋滞は嫌い。無条件にイライラする。

これだけは変わらないが、歳を重ねるにつれて変化したことの一つに、以前より感情の起伏が滑らかになったことがある。自覚しているというより、他人から言われるから多分そうなのだろう。

仕事上パートナーやクライアントの社長や経営陣に向かって「意図的に」感情を込めて怒ることはある。真剣さや重要性を理解してもらうためのパフォーマンスともいえる。そして意外とこれが効く。

しかし、最近心底怒りを感じる出来事に遭遇した…。



昨年から理念結束型組織への変革コンサルティングに入っている企業のミーティングでの出来事。

経営陣により魂のこもったミッション・ビジョン・バリューが策定され、社員全員に浸透させるセッションを終え、社員が自ら行動化を起こす仕組みを発足させ、徐々に組織に具体的変化が現れた。

社長をはじめ経営陣は、会社が変わり始めた!と喜び、人が変わったようにさらなる変革に意気込んでいる。


そして時期はちょうど2010年の新卒採用期。

経営会議で採用戦略の話題になると、毎回のように人事のトップVS他のメンバーという対立構造。理解に苦しむ事実が次から次への出てくるのである。どうしたらこのような施策になるのか、全く理解不能な低レベルである。

例えば。
・説明会開始直後、唐突にグループワークを90分→社長の話10分→採用の流れ15分。
・プロジェクター等を使用した学生に視覚的にも分かりやすような進行ゼロ、すべて口頭。
・配布物はホームページのコピーのみ

どうしたらこのような低次元の採用方法に至ったのか、当初は皆目見当もつかなかった。しかし、一つ一つ紐解いていくと、どうやら別の人材会社の“採用コンサルティング”なるものが“暗躍”していることが発覚。

採用をあまり経験したことのない若手が担当しているなら、まだわかる。担当の張本人はその人材会社の社長だというのだ!!もう関係者全員開いた口がふさがらず、溜息と憤りだけが会議室を占めた。



断わっておくが、他社のやることやレベルに悪口を言うつもりは毛頭ない。
そして、クライアントを目の前にカッコつけるつもりもない。

僕が許せないのは、いい加減で場当たり的な提案をしているというその態度である。

その人材会社の社長自らが行っている、というのが絶対に許せない。


経営を左右する人事に関する重要な戦略部分だけになおさらである。それだけ重い仕事を担っているのだという覚悟と責任を持つべきだ。


顧客の成功を考えて、考えに考え抜き最高の提案を行うのがビジネスってものだろう。顧客に向き合う真摯な気持ちと感謝をおろそかにするのは断じて許せない。それが誰であってもだ。


当社の大切な顧客であることも重なり、心底怒りがこみ上げて収まらなかった。

こんな感情は昨年協力会社が裏切って事業をパクり自社展開を始めた事件以来である。
ビジネスには喜怒哀楽さまざまなドラマがつきものだが、この類はできるだけ避けたいものだ。

スポンサーサイト
志を同じくする人
お付き合いする企業は口コミ率ほぼ100%で広がる自社のビジネス。

ある社長からの紹介でお会いすることになった英会話学校を経営するトップ。
会った瞬間から暖かいオーラが広がる方だった。

笑顔、物腰、話し方。社員からも大切にされている、組織が安定しやすい経営者であることがすぐにわかる。業界は昨年の大手崩壊で揺れているものの、堅実な成長を遂げることに成功しているのもうなづける。

では、なぜ理念結束型組織変革コンサルティング企業である当社にコンタクトをとってきたのか。

状況を聞けば聞くほど謎だった。



そのトップは笑顔を絶やさずに、そして目をキラキラさせながら言う。

「英語なんてただのツールなんです。僕達がやりたいのは、単純に英語を教えるのではなく、英語を手段として他文化を受け入れ、そして日本人のアイデンティティを感じてほしい-つまり真の国際人への誘いなんです」

放浪経験から学んだという「想い」がコアになってビジネスというステージで表現されている。

美しい。本当に美しい。

僕自身も47カ国を旅するなかで、心の中の人種の壁が一切なくなり、そして地球という大きな箱に住む日本人である自覚をもった。それだけに、その社長の想いに素直に真直ぐに共感した。



会社は伸びているが、この想いをしっかり明文化して社員に根付かせ、お客さんにも訴求し、自社にかかわる顧客から社員までみんなが真の国際人に成長していくことで日本を元気にしたい - トップはそう話を締めくくった。

それが本心の依頼理由だった。

いままで理念結束型組織変革で20社以上のクライアントを成長に導いてきたが、最初からその想いが明確になっている方にお会いするのは久しぶりである。

僕達は、なんでもかんでも顧客を受け入れることはしていない。トップの社員や社会への想いに共感し、夢を共有したいと思えなければ、依頼は受けない。横柄かもしれないが、我々もこの企業と同じく、金儲けなどよりもっとその先にあるビジネスを通じた自己実現が最終目的だから。

今にも雪になりそうな曇り空だが、心は初春のように温かくウキウキな気持ちで帰社。

この企業の想いを必ずカタチにするお手伝いをしようと決心。
近々また1社、理念結束型組織が生まれる。


ある意味の生命力
最近ハマっていることの一つに、家のリフォームがある。

とはいえ大工事のような大げさなものではなく、自分達好みに改良する程度のものではあるが。色・形状・大きさ・全体のトーン。メインルームコンセプトを決め、それに合うインテリアイメージを創造し、自分でやってみる。

それが楽しかったりする。

昨年、ソファ・AV回り・ダイニングテーブル等を一通りトーンを統一して大型化して入れ替えた。しかし、ただ“大道具”を搬入してもらい入れ替えただけ、リフォームとは言わないかもしれない。



目がとまった部分はキッチン・パウダールーム・バス・トイレ・廊下。

安っぽく見えがちなプラスチック部分があるカランやシャワー類をステンレスやメッキ加工のものに変えるだけで、かなり上品なイメージになる。また効きの悪い便座を交換し、最新式のものに交換するだけで、気分が一新される。

それら「モノ」は簡単に手に入るのだ。 しかし、水まわりは専門知識や工具がいる…気がしていた。それらは業者に頼むこともできる。総額はかなり上がるが安心代ともとれる。


しかし、問題はここ。何でも他人に頼んで良いのか。自分でできるかどうかを考え、行動してみることも人生で重要な要素なのではないか。


もちろん時間を買うことは、お金以上の価値はあるのも事実。しかし時間のある週末になら、なんとかできる。なんとかできなかったら、しょうがない。頼めばいい。

そう決心し、久しぶりにDYIを試みる。



いざ、専用工具を買い、キッチンやらトイレの水周りに潜り込む。

-なんてことはない。特別な知識はいらない非常にシンプルな構成。“全部”自分でできるのだ。

結局、キッチン・パウダールーム・バス・トイレ、すべてのカランをデザイン性の高いスタイリッシュなものに交換し、全自動洗浄付き便座も取り付けた。しかも比較的短時間のうちに。そして廊下に、幅1mx高さ2mの天井まである特注全身鏡を壁に設置。


意外と専門外だからできないというのは思い込み。いろいろ自分でできるかを考えて試してみる -それが“人間の生命力”を向上させる第一歩なのかもしれない。
未来デザイン合宿

マイナス6度。

切れるような空気が気持ちいい。雲ひとつない澄み切った空に輝く満月。


コンサルティングで経営陣合宿を行っている奥多摩に集合した仲間たち -全員、ビジネスや生き方の志を共にするメンバーである。全メンバーが集まったのは深夜0時。

新たな1年のスタートを切るにあたり、変わらぬ熱き志の共有と個人の今後5年間のビジョンを立てる「ビジョンメイキング合宿」である。まさにクライアント経営陣に提供している合宿を自分たちで行うのだ。





まずは個人の目標を立てることからスタート。これはどんな自己啓発形の本を見ても書いてあること。しかし自社では、僕が長年かけて作り上げてきた特別な「未来デザインシート」を創ることが大前提である。

当社の「未来デザインシート」の特徴は、自らの人生がどのような概念で成り立っていたいのかを“死に様”から“生き様”を創造し、それを人生理念や理想像に落とし込んで目標を立ててゆくところにある。



人生理念を単体で考えても、実はカッコいい言葉しか浮かばない。若い人にとっては究極かもしれないが、、死に様=走馬灯がよぎる時どのような人生でありたいか(死に“方”ではない)を想像するところに最大の肝がある。

理論はシンプル。(あまり縁起ではないが)理想の死を達成するためには、そのように導く生き方をしないとならない。これが“生き様”である。ここに人生の理念が集約されているのだ。

その理念から老後→現在と遡るとここ1-5年くらいの人生目標がブレイクダウンされ、2009年の具体的な目標に落とし込まれるというシートになっている。




シンと静まり返る氷点下の里山。みな黙々と人生を想像し明文化していく。なかなか真剣に自分の人生を組み立てて考えるタイミングは多くないだけに、非常に集中している。


深夜3時。


全員一度中断し、外へ。 “焚き火タイム”である。火を囲んで自社の今後や想い、志を語り合う。当社の専売特許であるが、焚火の前では素直になれるのだ。役職も現職も関係なく、将来の自社を語り合い、ビジネス内容の高い社会的有意義を確認しあい、想いを共鳴・共感でつないでゆく。


朝6時半、気がつくと少しだけ空が白み始る。皆あまりにも夢中になっていて気がつかなかったのだ。自信を持ってクライアントに提供している方法ではあるものの、やはり大切な仲間と未来を創り現在をシェアするのは心と心がガッチリつながりあう。

最高に上質な時間。


軽い睡眠の後、再び個人の未来デザインシートを仕上げて終了。ちょうど山奥での合宿なので午後から標高1000mほどの山の頂上間往復14kmほどトレーニング。空は未来のよう真っ青に晴れ上がり、温かい光が美しく雪が積もった山々を照らす。その中を仲間と走る清々しさと充実感。


左の肩に刻んだクロスの誓いは変わっていない。最高の仲間と未来を創れることに感謝しつつ、そして自分が望む人生を自分で手で足で心で弛まずに歩むのだ。

戦友
遡ること10年。その頃の僕は派遣・紹介会社の立ち上げメンバーとして、朝8時半から夜12時までを定時に月―土曜日の間、我武者羅に働いていた。

何から何までゼロに近かったから、登録をしてもらう広告から面接、営業、マッチング、フォローアップ、請求書作成と人材ビジネスの全バリューチェーンを一人ひとり全員がやっていた。

在籍した期間は長くはなかったが、そこで起きたドラマは数知れず。そして何より、その苛酷な環境下で頑張った仲間や上司は鮮明な記憶として心に刻まれている。



見慣れぬ番号が携帯に表示される。

不審に思いつつ出ると、そのベンチャー立ち上げ時代の同じ“第3営業部”で肩を張りあっていた仲間だった。最後に会ったのは4-5年前、それ以来は1年に1枚の年賀状だけでつながっていた。

その夜、早速会うことに。



話題に上るのは、当時の自分たちの若さゆえのひたむきさと過酷な思い出話。特にお世話になった鬼上司のこと。当時外資系育ちで自由気ままな僕をボコボコになるまで徹底的にベンチャー魂を説いてくれた上司。

当時は反発ばかりしていたけど、今となっては素直にその上司がいたから今があると感謝できる。ビジネスパーソンとして大切なものを心の奥底に刻み込んでくれたのだ。

彼も同じ想いだった。


話によると、当時のメンバーとも細く長くつながっているとのこと。一度感謝をこめて囲う会を開こうか、と盛り上がる。そして当時10名強いたメンバーの7人が経営者になっているということで、連絡がつく気心の知れたメンバーとの再開を計画。



それがいつになるかはわからないが、今の自分の糧となった方々に会うのはとても楽しみであり、感謝の念でいっぱいである。
成長の財宝
去年から一緒に仕事をしている若きパートナー。
たった一つだけ何度も言い続け、時には怒り、やり続けさせたことがある。

それは、『気付き日報』。

よくある日報は業務を管理するもの。自社では成長を管理するもの。

何をしたかなどホウレンソウと情報共有が徹底されていれば、どうでもいいこと。それ以上に、日々の生活の中で何に気付き、何に共鳴し、何に落胆し、何を学んだのか。それをもっとも重要視している。

その蓄積・分析・行動化が成長の『種』になる。



-2008年12月25日 : 毎日積み重ねてきた様々な100を超える気付き。社内管理ツールに毎日アップされた日報から気付きの本質を一つ一つ丁寧に抜き出す作業に取り掛かる。1年の総まとめの整理といったところ。

-2008年12月30日 : その重要要素を月毎にまとめグルーピングする。これを気付き分類x時系列でまとめると、成長の内容や過程が一目でわかる。

時系列で同じ項目(=気付き・学び)がずっと残っているものは、いまだ身についていないこと。少なくなってきたり、増えているものは気付きから体得したか、新しく学んだこと。

-2008年12月31日 : 月毎にグルーピングしたものをさらに大グルーピング化し分析。新しい年を迎えるにあたり、次年度は何にもっとも注力して行動化してゆくか、優先順位をつける。


この時点で、1年間何を学び、そして次の1年に何を反映させるのかが一発でわかる。A3用紙に何枚にもわたり、データを切ったり張ったり矢印を入れて悩んだ痕跡が残る。



実は、このプロセスそのものが非常に重要なのだ。気付いたこと全部を直したり行動化することは難しい。しかし、1年を時系列で振り返り、学びや気づきのポイントを整理するだけで自分の成長、もしくは自分の本質的行動パターンが見える。

つまり、この「自己の行動の見える化」による“自己理解”が成長には欠かせない。そして、次に気付きの“投影行動化”が成長への具体的第一歩である。


ここまでアウトプットを出すまで相当の時間を有したと想像するが、やりきった部下。全てを謙虚に受け入れ、成長に貪欲な姿勢。本当に本当に誇りに思う。

これから共に働くだろう仲間ともこの姿勢を大切にしていきたいものである。
決心
今までは何気なく“通過”してきた年越し。


“今年はこれをやろう”と決めて、実際に行動に移したことは数少なかった気がする。それが、2006年以降変わったのをハッキリと記憶している。

企業において1-5年くらいの目標は明確化し社員と共有して…というのはオキマリではあるが、自分との約束は意外と見落とされがち。会社では様々な行動化の外部要因が働くため、実行に移すことが個人より比較的容易である。

「株主がいるから」
「これをしないと会社存続が厳しい」
「達成すれば昇給・昇格がある」

などなど。



しかし、自分の目標となると、なぜかトーンダウンする。なぜか答えはシンプルだ。

「努力はつらいものだからである」。

人間は誰しも自分に甘い。自分を律するのは大変だから、楽なほうに流れがち。ダイエットしかり、英会話しかり、自分自身に課す努力はつらいものだ。

一方、好きなことをさらに高いレベルに…というのはつらさもあるだろうが、基本的に好きなことだから辛くはないかもしれない。


この観点からみると、きっと人間にとってもっとも成長する条件というものがあるような気がする。

条件1 : やらなくてはならないこと (事実)
条件2 : やりたくないこと (感情)

この2つの条件の組み合わせを満たす瞬間、人間的成長が生まれるような気がする。もちろん好きなことをさらに追及することは非常に重要だし、成長がないとは思わない。しかし「努力」という辛い環境の中で自分と戦って手に入れるという“プロセス自体”に成長の“種”が埋まっていると考える。

だからこそ、目標を立て自分を磨く。




さて今年。

⇒ON “成長土台固め”
・PR/マーケティング活動の加速
・出版 第2冊目を具現化


⇒OFF “タフネス追及”
・アドベンチャーレース参戦 (20位以内)
・山岳耐久マラソン「ハセツネ」参戦 71.5km 15時間以内
・トレイルランニング大会参戦 (2大会)

年を重ねるたびに身体の強度を上げているが、それは同時に心の強度を上げているのと同じだと思う。身体はいつか衰えるが、心の強度である程度支えることができる。身体は行動力、心は精神力。この掛け合せが歩みたい人生の方程式。


今年もさらに、フルスロットルで。


08年プレイバック


怒涛の2008年が終わった。

昨年の1年を表す文字は「変」だったが、僕は何だろう。

その前に、どの部分にどんな変化があったのか。

2007年はビジネスステージが大きく変わった。
2008年はビジネスより自分自身に様々なことが多かったように思う。

活動をしっかり振り返り、また次の1年をしっかり生き抜く。ただ時が流れるままに生きるのはもったいない。学び続ける姿勢を忘れた瞬間、人間としての退化が始まると思うのだ。

「もうこれでいいや」

この言葉が思考回路に生まれた瞬間、価値が失われる。輝き続ける人間は、輝き続ける努力をしている姿そのものが美しい。結果はあくまでもプロセスの最終形にしか過ぎないし、その最終形も、実は通過点でしかない。だからそのプロセスをつづけるのみ。



どんな出来事があったのか、時系列的に振りかえる。

1:社外役員に就任
 ⇒僕が尊敬する社長の会社の社外取締役を拝命、ともに経営を考える機会を得る。
  また株主にもなり、自社とは別の社会的使命について学ぶ。

2:書籍の出版
 ⇒人生で1冊は出版すると漠然と持っていた目標がカタチに。
  多くの人の支えがあって無事出版、パーティも経営者120名超に来ていただけた。感謝。

3:アドベンチャーレース参戦
 ⇒山岳チーム版トライアスロン、もしくは人間版パリダカといわれるレースに出場。
  超過酷な行程を自社チームで走破。達成感は半端じゃなく、チームはさらに結束。

4:富士山単独登頂
 ⇒日の出を拝めたものの、単独では達成感“薄”。やはり仲間やチームの重要性を痛感。
   
5:座禅の習慣化
 ⇒日常で自らを振り返る時間を定期的に取ることで、自己コントロールを始める。
  浮足立たず、着実に確実に人生と経営を歩み続けるために。



これらを一文字で表すと何だろう。

 「挑」 

ON/OFFに多くの新しいこと、しかもかなり努力が必要なことをやってきた1年ということになる。特に去年はフィジカルに、というのが特徴かもしれない。しかし、単にフィジカル、というわけではない。フィジカルな挑戦は、マインド面での挑戦が不可欠。マインドで負けたらフィジカルにはシフトしないから。

ということは、マインド面で強くなったということか。

いや、あまりそうは感じていない。

そもそも強くなろうと思ってやったわけじゃない。やる、と決めた結果、それを実行に移しただけのこと。それを「強さ」というならそうかもしれないが、その根本にあるのは「人生を楽しむこと」、だたそれだけ。


2009年はどうするのか。この正月を使ってじっくり考えてみよう。
  

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。