FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
戦友
遡ること10年。その頃の僕は派遣・紹介会社の立ち上げメンバーとして、朝8時半から夜12時までを定時に月―土曜日の間、我武者羅に働いていた。

何から何までゼロに近かったから、登録をしてもらう広告から面接、営業、マッチング、フォローアップ、請求書作成と人材ビジネスの全バリューチェーンを一人ひとり全員がやっていた。

在籍した期間は長くはなかったが、そこで起きたドラマは数知れず。そして何より、その苛酷な環境下で頑張った仲間や上司は鮮明な記憶として心に刻まれている。



見慣れぬ番号が携帯に表示される。

不審に思いつつ出ると、そのベンチャー立ち上げ時代の同じ“第3営業部”で肩を張りあっていた仲間だった。最後に会ったのは4-5年前、それ以来は1年に1枚の年賀状だけでつながっていた。

その夜、早速会うことに。



話題に上るのは、当時の自分たちの若さゆえのひたむきさと過酷な思い出話。特にお世話になった鬼上司のこと。当時外資系育ちで自由気ままな僕をボコボコになるまで徹底的にベンチャー魂を説いてくれた上司。

当時は反発ばかりしていたけど、今となっては素直にその上司がいたから今があると感謝できる。ビジネスパーソンとして大切なものを心の奥底に刻み込んでくれたのだ。

彼も同じ想いだった。


話によると、当時のメンバーとも細く長くつながっているとのこと。一度感謝をこめて囲う会を開こうか、と盛り上がる。そして当時10名強いたメンバーの7人が経営者になっているということで、連絡がつく気心の知れたメンバーとの再開を計画。



それがいつになるかはわからないが、今の自分の糧となった方々に会うのはとても楽しみであり、感謝の念でいっぱいである。
スポンサーサイト
Designed by aykm.