FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
感謝、そして…
7月7日 -会社設立記念日。

早くはない33歳からの独立から早4年が経過した。人生の中で最も早く、そして最も濃い時間であり、それまでの人生観を徹底的にひっくり返されたような4年間。経営はON/OFFがつかないほど楽しい。


一方で、どれだけ感慨深いかというと、実はそうでもない。

太陽は相変わらず東からの昇り、西に落ちる。日常は淡々と流れているし、やるべきこともわかっている。不公平だけのこの世の中で時間だけが万物に平等にあるにすぎない。

しかし、その時間に意味付けできるのは人間しかいない。



毎年必ずショート&ロングターム・ストラテジーという目標設定管理シートを策定している。自分たちで決めたことをどれだけ日々意識しているか、達成できているかを自問自答するありふれたツールだ。

ただ、ビジネスとプライベートの両面=ON&OFFは必ず交差し、切り離すことはできないと思っているため、セットでレビューするようにしている -頻繁に、そして日々。


できたこと・できなかったこと…反省はいろいろある。

今年は売上成長率は150%を超え、アドベンチャーレースでもまずまずの功績を残すことができた1年。一方で注力する予定だった広報関連の強化や行動心理学など手つかず、または中途半端になっているものもある。


自社開発のストラテジーシート上でできた/できなかったをチェックして次年度の目標との整合性をとっていると、面白い事に気が付く。それは…

「自分が思い描く目標以外の大きな出来事は起きていない」 という事実。

天災や市場の変化など自分の意思でどうにもならないものはしょうがない。しかし、自らがハンドリングできるものに関しては、ほぼこの法則が当てはまる。





「鏡の法則」 -今の自分に起きていることは、すべて自分の写し鏡の結果である。

やろうとなんとなく頭に描いていても、行動しないと何も生まれない。結果はともかく行動することによりその鏡の中の自分も変わる。つまり成功するか否かは別として、何かが変わる。


このショート&ロングターム・ストラテジーシートも実は同じ。目標を意識して意識して意識して一つでも多く行動に移すと、自然と結果が変わる。この1年間で起きたことも、実は自分の行動化とほんの少しの運。そう思うことができれば、言い訳はあるにはあるが、どんな結果であろうとすんなり受け入れられる。あくまでも結果は自分の行動の最終型でしかない。


そのプロセスを正しく確実に着実に歩むために、このシートは存在するのだ。


まだまだ回復基調が見えない日本経済で、どれだけ頑張っていけるのだろうか。
自分が思い描く目標や未来に胸を張って歩んでいきたいものだ。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。