FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
本当の意識変化の瞬間
もうすでに3月の最終週 - ここから怒涛の合宿嵐13連発が始まる。


第1発目となった昨日は、僕が長年パートナー講師を務める河口湖にある清水国昭氏の施設でキックオフ。

上場IT企業の若手ゆえに、事前議論では頭の回転は速いし、言葉尻では説得感ある高い表現をしてくる。僕の20代前半なんて、斜に構えまくり、煮ても焼いても食えないヤツだったことを恥ずかしく感じるほどに。


しかし、我々のプログラムはすべて実体験⇔内省に基づく“本物の学び”を得るスタイルである。

言いかえれば、『行動結果からしか真の学び=腹落ちして納得感ある学びは生まれない』。



議論水準と実体験の結果は… それはそれはヒドイ(失礼!)乖離があった。「口では何とでも言える!」と、どこの上司も思わず怒鳴りたくなるような、そんな残念!な1日目。


悔しくてフガイなくて泣き出したほとんどの参加者たち。

その感情は、外部要因的な涙ではない。頭でアウトプットした事実と、自分自身の行動結果の大ギャップな現実を目の当たりにし、心底驚愕し、そんな自分への反省や悔しさ~自己対峙~からの“本物の涙”である。





翌日は、前日の涙・悔しさ・反省・学びをバネに、徹底的に自分達自身で決めた行動コミットを10時間というプロジェクトを通じて証明する1発勝負が課される。


今回は勝手知ったる常連クライアントの人事担当者からRQされたスペシャルハードなワーク。

長距離・洞窟・山道・雪道・タイムリミット・体力知力の限界… 本気さ・達成へのこだわり・仲間との信頼関係・絆が試されるタフな独自プロジェクト - 『アドベンチャーハイク』。

それは、思わず「体育会系過ぎだろ!」と出てしまうような。

いや、体育会系とかそういうのはどうでもいいコト。どんなにキツかろうが、『チーム・自身“自らが主体的に取り組み”、その取り組む過程において気付きと納得感→成長をのぞむベストな手法』が、そうであるだけである。

(そもそも例えばロープレ程度で、意識変革が自然と起きることは絶対にない!)



前日の涙がバネになり、勇敢果敢に自主的に取り組む参加者たち。やらされ感は微塵もなく、目の色が変わっている。そういった「成長の過程」を踏んで成功というゴールを手にした参加者は、再び号泣。

達成感と充実感と、仲間への感謝、そして生まれた自分の中の小さな自信からのバージョンアップした涙。


気がつくと、参加した人事トップも目を赤くしている …心から彼らの変化ぶりを喜んでいるかのようだ。





間違っても「青春」なんかではない。

人間の本質的な成長過程に必要不可欠な自然な『自主感情』の発露である。

自分達の手でかけがえのないものを手に入れた涙。嘘いつわりのないピュアな感動とでも言えよう。



単なる数日間で、ガラリと人が変わるなんてありえない。しかし、彼らの感情を伴った行動変化の数々は、気持ちの変化トリガーは確実に引いたことを証明している。本当の意識の変化は、自分の中の自然な劇的な感情を伴って初めて、起きるものだから。



そんな彼らを見ていて、つくづく再確認をしたこともあった。


「質よりも人を増やして数をこなして儲ける」ような企業ではなく、一社一社ありったけの情熱と想いと期待を込めて、ともに成長できるような、そんなコンサルティング&エデュケーションを提供し続けていきたいという、会社設立当初から変わっていない自分自身の想い。


創業8年目、あらためて自社の不変な想いをかみしめた、富士の麓であった。

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。