FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
51.5㎞の先に見たもの
船を降りると、東京都は気温はさほど変わらないが、初夏の強い日差しに包まれる。
風も波もほとんどなく、港近くは海底まで光が届くほどに澄み切っている。


決戦の地、伊豆大島に上陸。


午後1時半のスタートまでの3時間のうちに、宿へ移動→バイク組み立て→準備→選手エントリー→セッティングを済ませなければならない。観光気分は翌日に後回しである。


トライアスロンと言えば、『ボディ・ナンバリング』。 腕に数字を書くアレである。

単にマジックでゼッケン番号を書くだけのコトなのだが、僕にとってはいよいよトライアスリートとしてデビューするのだという興奮が最高潮に達する。

もうこの時点で十分に充実感?すら感じてしまう。笑



年始に出場を決心してスポーツ自体を再開させた大学院の仲間 T氏。家族の理解や多忙な業務を調整しながら、完全運動不足の状態からキツイ3種目のトレーニングを積み上げてきた。

スイムからバイク、そして最後の10㎞のラン。ヘロヘロになりながら、ゴール手前200m程に姿を表す。応援に来てくれた大学院の仲間と共に、大声を張り上げ応援しながら並走する。

表情はサングラスで隠れて見えないが、声援に反応するその声はすでに涙ぐんでいる。


T氏が今年1月の「一緒にトライアスロンやります宣言」から5か月間。

当時は2㎞もまともに走れず、体脂肪30%という悲劇な体型。しかし、日々トレーニングを重ね、完走を目指して頑張ってきたきた努力と熱い想いが今、達成されようとしているのだから感極まって当然だ。


そして制限時間である4時間を40分も上回ってフィニッシュ -51.5㎞完走達成!



その瞬間、応援メンバーが駆け寄って健闘を称える。「あんたが主役」と書かれたタスキと白いレイを首にかけられたまま、倒れこんだ芝生の上で天を仰ぎ、肩で息をしている。

何を想い、何を感じていたのだろうか。


ただ一つ言えるのは、何か「大きな意味」をもたらしたことだろう。これまで踏み込んだことのない領域に挑戦し、自分を変えたのだ。地道な日々の努力した者のみ見ることができる、新しい世界…。


大会終了後、応援チームが仕込んだ最後のイベント、「シャンパンシャワー」が待っていた。これでもか!と全身アルコールを浴び、ずぶ濡れで祝福される。ちょっと臭いけど、こんなに気持ちいいなんて。

DSC02337b.jpg



これまで、アドベンチャーレースや山岳耐久マラソン72㎞などいくつものドエムなレースに出場してきたが、ここまで密にトレーニングに取り組んできたのは初めてであり、それは彼の存在があったからこそであることに気が付く。

誘ったのは自分だが、僕もまた彼によって突き動かされていたのだ、と気が付く。


僕のリザルトは、2時間53分55秒。

大会全体では真ん中くらいの平凡な成績だが、個人的に目標にしていた3時間(サブ3)を切ることができた。想定外部位の筋肉ダメージはあったが、それ以外は天候も良くアクシデントもなし。デビュー戦であることを考えれば幸運であり、及第点としたい。


それはそれで達成感はある。しかし、そんなことよりT氏が完走したことの方が、ずっと価値がある。

そして、仲間があの手この手を尽くして応援してくれたことの方がもっと嬉しい。


また、大学院中にランを再開させてから出場までのプロセス全てにおいて、支援し協力てくれた全ての人に心から感謝である。一人ではないのだ…ということを心底感じた大会である。


ありがとう。幸せだ。



また新たなる挑戦に向けて、歩き出そう。

スポンサーサイト
炭水化物、解禁!な2日間
会食を別にして、この2年間の9割は夕食時に炭水化物を摂取していない。
活動の少ない夜の炭水化物はエネルギー過多であり、デブ街道まっしぐら原因だからだ。


時には米やパスタが恋しくなるらなくもないが、理想の体を維持するには仕方ないトレードオフだ。

カレーの時は?と良く聞かれるが、シチューだろうがハヤシライスだろうが、米ではなく豆腐や春雨で食す。抵抗は最初のうちだけで、慣れると以外と平気なものだ。今は、1週間21食のうち、米やパスタ・うどんなどTHE 炭水化物を摂るのは3食くらいか。


なんていうと、聞こえはストイックだが、実際は甘い時もある。無理し過ぎる制限は精神衛生上良くないと自分を偽り、極稀にだがトレーニング後の深夜ラーメンなど「「日本人に生まれて良かった!的誘惑」には喜んで負ける。

意外といい加減なものだ。笑





思い起こせば、自分の体に「アッテハナラナイモノ」を感じたのが昨年の9月。

修論などのストレス解消のためにもマラソンを9月下旬に再開、筋力の落ちた上半身を引き締めるためにスイムを加えたのが10月。当時はトライアスロンへの挑戦はぼんやりしていたし、やるならアドベンチャーレースの方が好みだった。

しかし四十路を迎え、年末に同じく挑戦を決意した仲間も増えたこともあり、年始から6月の大会を意識してトレーニングを始めて5カ月間。

ラン:165㎞ スイム:22㎞ バイク:110㎞


各種目を合算すると意外と少ない。バイクなんてこんなんでいいのか?←ダメだろう!(一人ツッコミ)

でもいいのだ。

本当はもっともっと必要なのだろうけど、スマートな細マッチョな身体を作ることが目的なので、「今は」これで良いのだ。ランもスイムもターゲットタイムは出せるようになってきているし、3年前の公式記録よりはるかに早くなっている。ハードルを上げるのはこれから。

この自己満足的いい加減さが長続きする秘訣だろう、と勝手に解釈。





そして、大会を3日後に控えた昨夜から、炭水化物摂取制限を解禁した。


いわゆる『カーボローディング』といわれる処方で、大会前に肝臓と筋肉にグリコーゲンを一気に蓄積させるのだ。それによって大会で使うエネルギー量を効率的に高めることができる。

普段食べなくはないが、米ってこんなに旨かったっけ?と感動する。これまでは野菜やタンパク質中心で濃い目の食事は避けていたが、濃い味の○○丼なんてガーーーッっと米をドカ食いできる幸せといったら!!!

豚骨ラーメン+小焼肉丼なんてゴールデン・コンビネーションではないか。



大会が終われば、また次の大会に向けて炭水化物制限…いや終わることのない体型管理が始まる。


短い「食の春」を謳歌するのだ、自分!
論文、一区切り。
走った。本当に、この1~2か月は走った!


やっと大学院通学がなくなった分、週末は遊び倒したい衝動に駆られるのが正直な気持ち。

では、いつやるのか? 「平日夜でしょ?」

っていうか、それしかない。

とはいえ、毎日書き続けても、筆が走らず煮詰まるときもあるし、敢えて一日二日間熟成させることで、より考察が深くなったりすることを知っているので、やらない日もある。そんな日はトライアスロンの練習に時間を割いたりする。



なんていうと、スマートだが、そんなに上手くいくわけでもない。


論文進捗の経過報告が迫っていたり、オーバートレーニングで身体が回復してなかったり、飲み歩く日が続いたり、単純に現実逃避して逃げたかったり。

日によっては、何もしない・できない日もあれば、帰宅→ トレーニング→ 夕食→ 論文、なんていうドエムな夜もある。もしくは、日曜日の夜にシコシコと研究をしていたり。それでも、目標のためにはやらなければならないのだ。


とにもかくにも、要は取り組む瞬間は「気合」と「勢い」だ。

夕食を食べると当然ながら気持ちが緩むため、決まって向かうのはファミレス。余程のことがない限り、ザワザワは心地いいノイズで思いっきり集中できるからだ。

29歳でビジネススクールに通い始めたころからファミレスには大変平素よりお世話になっているため、あっという間に集中モードON!にできる。そして、ドリンクバーしか頼まずに長居する嫌~な客と化す。特に最近はPCのバッテリーのもちが格段に上がっているため、余計に迷惑だろう。




やっと先週末、学会へ査読用論文の提出を終えた。

振り返ると、修士論文より非常に密でタフな時間だったように思う。最低文字数はあっても、上限がなく自由に書くことができる修士論文とは異なり、学会用論文は限られた文字数の論旨を展開し完結させなければならない。ダラダラ長く執筆する方がはるかに楽だ。


とはいえ、ただ提出を終えただけで、査読されて赤ペン先生からの突っ返しがあるのだけど。

また卒業要件を満たせば済むではなく、学会に属する学者が超アカデミックな視点からチェックされるから、ヒリヒリ感は半端ではない。



が、とりあえず完了。恩師には手を抜くな!と叱られそうだが、少し休憩なのだ。

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。