FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
16年間に幕を下ろす
近年のデジタルガジェットの進化は凄まじいものがある。

ここ15年で携帯電話が小型化され、メールが可能になり、WEB閲覧が可能になり…今やPCの機能となんら差がないほどにまでになった。

まだ携帯電話の桁数が10ケタ、そしてPHSが存在していた頃から今に至るまで、多くの人と同様、いくつもの機種を乗り換えてきた。記憶にあるだけでその数は10は超えるが、多い方ではないだろう。


自分にとっての携帯は、電話とメールで人と連絡ができればそれで十分な機能である単なるコミュニケーションツールでしかないからだ。どちらかというと、携帯よりより多くのことが可能なPCの方がコダワリは強いかもしれない。





3.11の地震を期にガラケーの情報共有限界を感じスマートフォンと2台体制に。とはいえ、メインはガラケーだったが、その電波方式が消滅するタイミングと、LTEのサービスが開始されより早い通信がうたわれ始めたのをキッカケに、スマフォ一本に。

そこまでの変更のプロセスは、携帯にあまり重きを置かない僕にとっても、受入れに苦するものではなかった。 


しかし。


LTEの普及と反比例するかのように、スピードが出ないことが多いようにに感じ始める。基本的に携帯はあまりいじらないタイプにも関わらず、市街地でもすぐにパケット詰まりがおきネット閲覧には心からイラつくことが増えた。ネット上には、つながりやすさや速さを競う記事が踊り、その度に自キャリアにイラつきを募らせるばかり。




今までは時代の流れに少し抵抗しながらも機種変更し、スマフォになってからAndroid OSにも十分に慣れた。しかし1997年に契約して以来16年ぶりに通信キャリアを変え、iPhoneというこれまで使用してこなかった初のOSを積んだ携帯へ。


スペックやら重さやら見栄えやら対応アプリといったものは、評価に個人差があるかもしれないが、少なくとも僕は
変更時は通信速度さえ早く安定していれば良し、と言う気持ちで乗り換えたにすぎない。

機種変更すれば必ず生じる慣れた使い勝手の違和感は生じるものの、今更ながらiPhoneという、いや故スティーブジョブスがiPhoneに求めたコダワリや情熱を感じた気がした。

それは『使いやすさ -最低限のタッチでやりたいことができる- 』という点であり、これは称賛に値すると思う。こんなことを今更感じるなんて100万年遅せーよ!と言われそうであるが、それでも純粋な感動なのだ。



顧客が求めるモノを徹底的に追及されたモノ。それにミートするとこうも感動を覚えるものかとあらためて感じた日常の中の小さな出来事である。
スポンサーサイト
初体験
勉強は嫌いではない。どちらかというと、ちゃんと好きなほうだ。

しかし勉強のための勉強は好きではない。その一つに英語の勉強がある。


世界47か国を歩き、外国人たちにまみれて働き、夜間語学学校に4年通い、それなりの語学力は得たつもりである。語学力、というよりそれも含めた外国人とのコミュニケーション能力というべきか。

つまり日常会話やビジネスで対等に付き合う力は、英語学校なんぞでは絶対に得られない領域まではたどり着いていると自負している。



ゆえに、実践では極めて無意味な単なる「試験」で英語力を判断されるTOIEC等は非本質的だと思ってきた。また今でもそう思う。

確かに一律な切り口で英語力を図るのは必要だとは感じるが、それがダイレクトに英語力と言われると非常に微妙。テストの点数より、英語という言語媒体を用いて世界中の人と話せてコトをうまく運べるグローバル力のほうが余程重要だと思うからだ。


そんな想いから、ずっとずっとTOIECから逃げてきた。

しかし博士課程進学を考えると、その道を避けて通れない。仕方なしに6月末に9月末の試験に申込み、その手の本を買った。

が、結局あと少ししたら…を繰り返しているうちに、申し込んだ9月に。しかし仕事が殺人的に忙しくなり、何もしないまま一週間前に。最後の追い込みだけでも…と鞭を打とうとしたが会社に2泊するほど激務に…。




結局、TOIECの構成やなんちゃってTIPSに目を通したのは、当日の試験前1時間。

もう最後は、何もせずに何点取れるか、これまでの努力の蓄積のチャレンジだ!!なんてさじを投げる始末。マークシートなんて大学受験以来?ってくらい久しぶり。懐かしい気持ちと、これまでの英語を試される感じとで、意外とドキドキ。


問題が多すぎて最後までたどり着けない!なんていう声をよく聞くものの、制限時間3分前に全問回答。いや、正確にはストンと入ってこなかった1トピック3問を「色塗り」したので全問ではないが。

また集中してクタクタになるということも聞いていたが、仕事で40時間集中してロジックぐりぐりで感が続けていることを考えると、2時間など全く大したことではない。


意外と拍子抜けしたのが素直な感想。 -なんていって低い点数だったら、英語力の前にそもそも国語から日本人をやりなおせ!!ってことになりそうだ。


果たして何点取れるのか。10月末の試験にはなんとか勉強して臨むべきか。。。



Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。