FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
15回目のクリスマス
12月25日を迎える週の日曜日午前11時に必ず会う人がいる。

今年で15回… 小さなプレゼントを持って。


社会人2年目のその日から、僕が風邪で倒れた1回を除いて毎年の恒例イベントである - クリスマス・ミサ。
僕は無宗教だけど、クリスマスのミサは人生の1/3ほど参加していることになる。

長いが、そこには揺るがぬ時間と絆が流れていた。




キッカケはひょんなことからだった。

25歳の夏、当時勤めていた外資系旅行会社で教会の聖地旅行のコーディネーターを担当、20名を超える信者の方々のトルコとイスラエルの旅に同行した。

パウロの宣教ルートを辿るといっても、遺跡を回るにはそれなりの体力が必要だ。階段も多いし、全て道路がきれいに舗装されているわけでもない。あまりにも暑く乾燥したトルコのある観光地で、当時70歳のお婆ちゃんは体力を懸念して中に入らず遺跡の入り口で待っているという。

そこで僕は一団を現地ガイドに任せ、お婆ちゃんを涼しげな木陰があるカフェに誘い、二人で世間話をし、甘いトルコチャイをすすりながら絵葉書を買って手紙を書いた。


それを機に仲良くなり、毎年の再会が楽しみになった。

彼女に会いに、そして当時一緒に旅をお供した方々に挨拶をしに。時は公平に加齢を課すけれど、それは素敵な年の取り方であり、会えば笑顔にあふれ当時の想い出話に花が咲く。年末の心温まる時間だ。





来年の秋、まだ一度も行ったことがないというディズニーランドに行く約束をした。

どれだけ見て回れるかはその時の体調次第だろうけど、パレードを見てみたいと笑顔で言った。数年前、祖母を連れて行ったが、今でもまた行きたいと懐かしむ。彼女には、刺激的で華やかで夢のような世界に映るのだろうと想像すると、今からとても楽しみである。


今年も心から感謝とお祈りをし、暖かい手を握って、暖かい気持ちで胸を満たされて教会を後にした。


こんなに満たされる時間は、そうあるわけではない。幸せというものに触れた瞬間だった。


HAPPY HAPPY CHRISTMAS FOR EVERYONE WHO'VE BEEN STAYING WITH ME.
MAY YOUR HOLY NIGHT ON CHRISTMAS DAY, 25TH DEC BE GRACEFUL AND PEACEFUL!
スポンサーサイト
Designed by aykm.