FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ウンメーノデアイとは?
出会い。

それは人に限ったことではない。モノとの出会いもある。

単なる一過性の出会いかもしれないし、長年続くいわゆる運命の出会いかもしれない。よく「ビビッときた」とか「インスピレーションを感じた」という出会いもあるだろうが、僕は、「中長期的にとらえ結果的に人生に影響した出会い」だと認識されるものが、『ウンメイの出会い』だと思う。

その対象であるヒトやモノとの初接点の多くは偶然であろう。探し求めていて見つかるものもあれば、天災のようにたまたま関係性が生じるものもある。いづれにせよ、その段階では運命とは言わないだろう。

その初接点から任意の時間が経過し、その接点を振り返った時に、自分自身に多大なる影響を与えた、もしくは与え続けているものが結果的に「ウンメイ」になるのではないかと感じる。



現在の5本目の9.2フィート(280cm)のサーフボードに乗って9年。

海に入る頻度は激減しながらも大切に乗ってきたが、どうも波を捉える瞬間がもたつく。フィジカルな理由もあるだろうが、もう少しイージーなボードに乗り換えたいと思い、探し始めて半年。

***
・レングス:9.3フィート
・ノーズ:ナロー&アップレールのラウンドノーズ
・テール:テーパード・ラウンドスクエア
・レール:ボキシー 50/50レール
・ボトム:超深ノーズコンケイブ~フラット~ラウンドボトム
・ロッカー:ノーズ:ロー / テール:ミドルのキック
・ブランクス:クラークフォーム・レッドウッドストリンガー+フィンパッチ
・クロス:6オンス
・フィン:シングルボックス
***

・・・なんのこっちゃ。宇宙語が並んでいるようだが、ようやくミツケタ、望むスペックだった。

運命のボード(波乗りでは“マジックボード”)かどうかは、数年乗り続けてみない限り、この時点では全く分からない。



湘南でそのボードをピックアップして、そのまま、よく行くポイントに立ち寄る。

風はなく、気温もそんなに低くない。冬の低い太陽がその日最後の黄金色の光を投げかけ、静かな湾を金色の野に変える。小さいがきれいなウネリが沖から緩やかにラインナップし、数少ないサーファーが戯れている。愛犬と一緒に砂浜を散歩しながら、波乗りという風景に溶け込む至福な時間。フと、自分の波乗りのルーツを思い出す。

とにかくカッコいいから、と悪友に誘われ、男の下心満載の夏の趣味を始めたのが1994年の夏。
いつしかブギー→ショート→ミドル→ロングとボードの長さが増え、9フィート(273cm)以上のロングボードというカテゴリに落ち着いてから16年。

下心による波乗りとの接点が、人生における息の長い趣味になっている。しかも、年数がたつにつれ、今やもう単なる趣味の域ではない。うまくなりたいという想いは加齢と共に減衰し、逆に気持ちをリセットしたり、日々を内省したり、時には何か腹を決める時に自分と会話するなど「心を洗う」場としての位置づけが強い。


この観点から捉えるならば、きっとサーフィンとは『運命の出会い』といえる、かもしれない。


そんなきっかけを作ってくれた悪友を懐かしみつつ、出会いがもたらす人生に不思議さを感じた、ある週末である。


スポンサーサイト
人生は…RPG
READY&SET… あとは郵送のみである。


振り返ると、恐ろしくノロいスピードで準備を始めたのは夏前だった。

そこでしたことは、TOEICの問題集をAMAZONでポチったことだけ。しかし、本は届くも、目の届かないところにしまいこみ一切開かず。

(この時点で、もう準備とはいわない)。

そのまま何もせず、9月に丸裸で試験を受けて無残に散るものの、英語試験免除が遠のく!とケツに火が付くと思いきや、つかない。ギリギリで出願に間に合う最後の受験機会に登録し、試験3週間前にようやく真剣に焦る…。


どんだけ非計画的なのだ…。まるで、高校生の一夜漬け状態。





しかし、それだけではない。

11月に入ってようやく数名の同領域の教授達とアポを取り、研究方向性確認を始める。が…空振りが続く。博士課程という重箱の隅をつついて意義がある世界ゆえ、ドンピシャに方向性が合致などそうはないだろう。

そんなこんなで、ようやくタッグを組める教授と巡り会えたのが12月。そこから人生で2度目、しかし、修士出願よりさらにコムズカシイ詳細&本格バージョンの研究計画書を書く日々。

同時に、数多い願書を記入し、修士論文や要旨を印刷しまくり、証明写真を撮り、受験料を払い込み、八王子の山奥の母校まで卒業証明書やら成績証明書を取りに行く(ついでに日本一の学食を久しぶりに堪能)。

極めつけは、今週出願受付日程に入ってから、担当予定教授から計画書の最後のダメ出し。 まさに「ヒィーーーっ (><;)」な状態をなんとか乗り越え、最後ようやく担当教授の印をゲッツ。


これでようやく出願書類の送付準備が整ったが、書類一式で1㎏を超えた。なんだか長かった。





妙な達成感すら感じる。 どこか、「やりきった感」。


おかしな話である。地獄はこれからなのに。出口があるかもわからないのに。

乱暴に言うと、僕が出た修士課程はぶっちゃけ、単に授業に顔出して、出すもん出して、2万字の感想文を書けば自動的に卒業できる。しかし、博士過程はそうはいかない。そもそも3年で終了できないことも十分あるし、たとえ教授でも満期退学という「通いましたが博士号はもらってません。それが何か?」状態も往々にしてあるほどに。


単なる出願にすぎない。審査に通ったわけでもないし、口頭試問が終わったわけでもない。

ドラクエで言えば、ソフトを買って勇者の名前を決め、命題を受け、さぁLv.1から出発ってところか。ホイミもラリホーも覚えていない。


冒険?は始まったばかり。またイチから積み上げるのみ。人生ってRPGだな。

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。