FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
POST PRGRAM REVIEW : “PPR”

僕が思うビジネスにおける汚点 : 「やりっ放し」。

アフターケアが不必要なビジネスは多くない。売る人・買う人という有形無形関係なく利害が絡む限り限り、アフターケアはあった方がいいとつくづく感じる。


実際の唯一の“自爆ケース”。

基本的にはダイレクトなお付き合いしかしないが、一社噛んでコンサルティングを担当したことがある。クライアントのとの窓口はすべてその会社が取り仕切っていたため、依頼されるとおりにプログラムを提供。そしてありがちな究極の「放置プレイ」。

それが年月を経て“感動”が“地雷”へと変化したのだった。ビジネスの依頼ルートの関係上できなかった…とはいえ、自分からフォローアップをプッシュしなかったがための自業自得。そして今になってその地雷を自ら踏む羽目に。

かつて、やってなかったわけじゃない。でもこの地雷は痛かった。「発つ鳥跡を濁さず」とはよく言ったものだ…。



ミッション・ビジョン・バリューの構築・浸透・行動化を中長期的にサポートしている会社の新人用浸透プグラムのPPR。

たかが新人。されど新人。

丸1日かけて1か月前の浸透プログラムレビューを行い、本配属前に徹底的にバリューを再浸透させる。これをやるかやらないかで、効果が圧倒的に違う。それは新人に限らない。そして、それを経てより深い大きい付き合いに発展するものだ。


仕事の特徴や性質にもよるが、アフターケアは「売る」こと以上に大切。なんて、そんなこと分かっていても、ダイレクトに金にはなりにくいゆえの行動化しにくい難しい魔の領域。


でも、敢えて徹底的にやる。 遠回りでもいい。

それがプライド。それがコダワリ。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。