FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
イメージがもたらす付加価値
簡単に口にされる「ブランド」。ブランドって何だろう。

簡単にイメージされるのは、例えば装飾品。ヴィトンやエルメス。噛み砕くと、高価なもの。誰もが知っているもの。有名なもの。

それら素材のほとんどは原材料的には大差はない。ダイヤモンドのように物理数的に希少だから、というわけじゃない。でも金額はゼロが複数個にわたるほど異なる。

その差はいったい? ⇒ 人の「価値認識」の差異に過ぎない。



心理学用語で「ラベリング効果」というものがあるという。ヒトの主観が対象物(人)の個人的価値を決定すること。よく言われるのが、5秒から15分くらいのファーストインプレッションによって、その後の継続的なイメージが決定される -第一印象の大切さを謳うもの。


仕事も同じ。

ビジネスにおけるあらゆる文物やヒトによって、その会社や事業のイメージつまりブランドが出来てゆく。自分にはアンコントローラブルなまでに。もちろん一瞬ですべてが決まるわけではなく、時間経過の中で変化・醸成されるものも多いのも理解している。


でも本質的には、自らが直接はコントロールできないものだが、間接的にコントロールできるものの一つとしてブランドの位置づけができると思う。

最近流行りの言葉を使うと、「鏡の法則」。つまり、良く見られたいと思う事自体は、よく思ってくれるかどうかは「思うという行為」自体は他人の行動ゆえに管理できないが、良く見られるように振る舞うことは可能だ。原因と結果の法則ともいえるかもしれない。


ブランドは“他人のレッテルの集合体”でしかない。ゆえに、手に入れたいブランドはそうなるように自らがそうしなければならないということ。



現在、ブランディングを根本から見直しをしている。新年度を迎えるタイミングで、企業自体を一気にフルモデルチェンジを行うために。

自分の想い、企業の方向性、組織の価値観、将来像 -様々な想いを文物や行動に投影し直している。根幹のCI(Corporate Identity)を徹底的に洗い出す作業は容易ではない。実は、ブランディングってDNA=ミッション・ビジョン・バリューと同義なのだ。


もちろん自分自身のモデルチェンジも必要だ -それが最も重要なのだが。

さて、どうしたものか。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。