FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
決心
今までは何気なく“通過”してきた年越し。


“今年はこれをやろう”と決めて、実際に行動に移したことは数少なかった気がする。それが、2006年以降変わったのをハッキリと記憶している。

企業において1-5年くらいの目標は明確化し社員と共有して…というのはオキマリではあるが、自分との約束は意外と見落とされがち。会社では様々な行動化の外部要因が働くため、実行に移すことが個人より比較的容易である。

「株主がいるから」
「これをしないと会社存続が厳しい」
「達成すれば昇給・昇格がある」

などなど。



しかし、自分の目標となると、なぜかトーンダウンする。なぜか答えはシンプルだ。

「努力はつらいものだからである」。

人間は誰しも自分に甘い。自分を律するのは大変だから、楽なほうに流れがち。ダイエットしかり、英会話しかり、自分自身に課す努力はつらいものだ。

一方、好きなことをさらに高いレベルに…というのはつらさもあるだろうが、基本的に好きなことだから辛くはないかもしれない。


この観点からみると、きっと人間にとってもっとも成長する条件というものがあるような気がする。

条件1 : やらなくてはならないこと (事実)
条件2 : やりたくないこと (感情)

この2つの条件の組み合わせを満たす瞬間、人間的成長が生まれるような気がする。もちろん好きなことをさらに追及することは非常に重要だし、成長がないとは思わない。しかし「努力」という辛い環境の中で自分と戦って手に入れるという“プロセス自体”に成長の“種”が埋まっていると考える。

だからこそ、目標を立て自分を磨く。




さて今年。

⇒ON “成長土台固め”
・PR/マーケティング活動の加速
・出版 第2冊目を具現化


⇒OFF “タフネス追及”
・アドベンチャーレース参戦 (20位以内)
・山岳耐久マラソン「ハセツネ」参戦 71.5km 15時間以内
・トレイルランニング大会参戦 (2大会)

年を重ねるたびに身体の強度を上げているが、それは同時に心の強度を上げているのと同じだと思う。身体はいつか衰えるが、心の強度である程度支えることができる。身体は行動力、心は精神力。この掛け合せが歩みたい人生の方程式。


今年もさらに、フルスロットルで。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.