FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
“自称“プロフェッショナル君
ここのところ非常に考えさせられる、いや悩まされる事柄に“自称”ホニャララがある。


私は○○のプロですから! 僕は○○には長けていますから!

それが金銭が発生しないお付き合いならばいい。しかし、ビジネスでこれをやられるととてもアタマが痛いしフトコロも痛い。


ビジネスにおけるプロとは何か。

プロ論には枚挙にいとまがないが、少なくとも、顧客が支払い対価に対し十分な満足を得られる結果もしくはプロセスを残すことがプロというものだろう。

自らをプロと謡うのは自由だ。

百歩譲っても、質がいまいちでもプロと称することは可能だ。いうまでもなく確固たるスタンダードが存在しない限り、質の良し悪しは顧客の感覚的判断で下されるからだ。それはその低レベルを見抜けなかった指名側にも問題があり、痛み分けかもしれない。


しかし、それ以上に困った君達が存在する。





まず、軽度の困った君とは、委託側より仕事がデキない場合。

こちらはそのフィールドに明るくないゆえ、その手のプロに業務を委託しているにも関わらず、委託側にいちいち支持をしなくてはならないことがある。

委託側が指示はその専門領域の話になることはなく、「“素人”でも論理的に考えたらありえない」ことをプロが行っているケース。つまり依頼側が期待しているレベルに自称プロが全くリーチしていない。

その理由はいたってシンプル。

一つは、本物の“自称”君=取るに足らない平凡レベルなのに自分はできると思っている「カンチガイ君」。
一つは、そこそこプロなのだろうが、依頼側の頭が良すぎて期待値を全く下回っている「平凡に毛が生えた君」。


この期待値のズレはよく起こることであり、受託側にも委託側にも責任がある。まさに、「ご期待に添えず申し訳ありません」状態だ。




重度の困った君とは、結果以前に自分で言ったことすらやらない“自称プロ”、いや“詐欺師”である。

言ったこと、つまりコミットしたことすらやらない -これは立派な詐欺罪である。


○○を提出します!○○迄に仕上げます!


プロとして委託されたアウトプット以前に、結果を生むプロセスさえまともにできない・やらない詐欺師は本当に迷惑極まりない。このズレは言うまでもなく100%受託側の責任である。


常時パーフェクトであり続けることはなかなかできない現実があるのは仕方ない。どうしてもやんごとなき理由は時にはあるだろうから、それをしかと委託側に伝え了承を得ているなら問題ない。しかし、往々にしてこのレベルの詐欺師はとにかく無責任極まりないことが多い。


そのくせ金銭の支払いだけには敏感で、自らのアウトプットという責任を放棄・無視する最悪のケース。訴訟が起きても不思議ではない…(アメリカが小訴訟が多いのは単なる訴訟好きだけでないのかもしれない)。



ここ数カ月でもそういった現実を目の当たりにしてきている。見抜けない自分を猛省しつつ、少なくとも自らの責任とコミットメントを死守することだけは、経営者として・プロとして・ビジネスマンとして・一人の人間として守りたいものだ。



スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.