FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
心、温まる。
外見と反比例するように、意外と芸術が好き。

子供の頃から親に「押しつけられていた」からかどうかは分からないが、20代を終える頃から積極的に触れるようになった。

クラシック音楽からミュージカル・劇・オペラ・絵画・歌舞伎…これらすべてを芸術と呼ぶかは別として、ジャンルはあまり問わず心が欲するままに。四半期に1回は触れるようにしている(が、なかなか難しい)。


芸術は心を豊かにしてくれる。不思議と素直にそう思える。

なぜだろう。子供のころに植え付けられた芸術に対する細胞が喚起され活性化されるからだろうか?



久しぶりに仕事帰りにレイトショーで映画。「HAIR SPRAY」。六ヒルのシネマは音響も座席も素晴らしい。隣に座っているのは、僕の会社の初代インターン生だった(元)部下と友人たち。

彼女のインターン生時代、学生最後のチャレンジでミュージカルをやりたい、との相談を受けて「悔いなくトライしてみたら」と応援したのが、学生版「HAIR SPRAY」だった。大学の講堂で行われた舞台に、社長仲間と7人とデカイ花束を持って観に行った3年前を思い出す。想い出あるストーリーだった。

学生とはいえ、迫真に迫る演技に感動したのを鮮明に覚えている。

映画も悪くないが、演劇やミュージカルはその瞬間瞬間のリアルな感情が感動を呼び起こす。そして出演者と観客が一体になって楽しむ。その満足感や一体感が心を豊かにするのか。

真偽のほどはわからないが、少なくとも芸術に触れることは非常に心地いい。


あと少しでクリスマスの季節。今年はあと幾つの芸術に触れることができるのだろうか。


スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.