FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
修論も大切だけど…
梅雨も明け、過酷な爆裂光線を放つ太陽。

7月も最終週、気がつくと大学院のマスターコース2年時の前期も終わろうとしている。大方の単位は取り終えているため、これから修論が本格化する。

夏の入り口、地獄の入り口。


そんな中、恒例のゼミ合宿を開催。第4代ゼミ長を務める僕自身が、教授と仲間の意見を聞きつつセッティング。

その名も「ゼミ焚火合宿」(仕事そのままである…)。一体何をしに行くのか、全く理解できないネーミングではあるが、それもまた良し、夏だもの。





そもそもゼミ合宿は、前期の修論の進み具合をいったん整理し、方向性を絞り込む重要な位置付け。教授ごとに修論を進めるスタンスは異なれど、この時期にある程度後方付けを行わないと、夏休みを無駄に費やしてしまうため、それなりに重要な『仕切りタイミング』とも言える。


もちろん内容も大切だが、しかし、社会人にもなってわざわざ大学院に入りなおすドエム達との出会いも大切な財産であるのも事実。

転職先で関係のあった人とは合わなくなるが、実際に2001年から数年間通ったグロービスで知り合ったメンバーは、今でも連絡を取り合う。それと同じで、『自らの意思で勉学という苦難を乗り越えた戦友』という存在は人生の中でも特別な位置付けになると思うのである。


僕自身が焚火を使ったコンサルティングや教育を行っていることもあるが、かくして、せっかくのゼミ合宿ゆえに、教授とも何度も大手企業で成功している焚火合宿トーンにしようということになったのだ。





今回は夕暮れ時から、海でのBBQ、夜間海水浴、花火大会、そして焚火タイム。とにかくコンテンツてんこ盛り。まだ温かみが残る砂浜、心地よい波の音、優しい潮風に吹かれながら、火を囲むメンバー。

翌日、焚火タイムでのレビューを取ると、また新しい感想と発見があった。


意見とまとめると、こんな表現ができる -

『(浜辺にはそれなりに人がいるのに)火を囲んで座る自分たちだけの占有空間が出来上がり、外界からシャットダウンされた世界に切り離される(集団凝集性効果)。しかし、皆が話すというより、個人個人が火を見つめて自分との対話をしていた(個の内省効果)』

これは非常に興味深い意見である。まさに僕自身の修論テーマである、「焚火理論を用いた組織結束マネジメント」を証明するアウトプット。



個人的にはそんなオマケの気付きもあったが、何より参加した仲間と教授がより強い絆で結ばれ、修論よりも人間関係性の進化を確認できたことが、何よりの成果だろう。



いよいよ明日から8月。仕事も忙しいが、修論のスイッチも入れて夏を楽しみたい。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.