FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
時計を外して
社会人になってからというもの、夏休みというものを知らない。


学生時代の就職活動の時点で、外資系だけを受けていた。その後も外資系企業を渡り歩いてきたこともあり、「お盆」という概念が希薄な傾向が強く、当然夏休みという考え方はあまり浸透していなかった。


外国人上司の「Summer Vacation」はあったが、それはSummerに限らず。社員も好きなタイミングで、有給が許す限り好きな休めた。20代、海外放浪が趣味の一つだった僕は、最大3週間ほど日本を留守にしたほど。


どうせ盆の時期など、どこに行っても人人人…な上に全てトップシーズン料金。そんな時に休む方がイカれている…と外資系的自由を満喫していた自分だが、会社を設立し、初めて盆という休暇を取ったのが今年。


もろもろの事情により、盆休みが盆休みではなくなり、先週末が人生初の「夏休みっぽい週末」にあいなった。





昨年から再開したアウトドアの趣味。長野育ちで山男だった父親によって5歳から本格的なキャンプを仕込まれて育った。また料理の得意だった母親から高校生から料理を教わり、学生時代以降ずっと居候していたペンションのオーナーにも従事していたこともあり、アウトドア=豪快本格料理的な公式が染みついていた。


過去も遊び程度には楽しんできたが、今年、仲間の誘いで調理関連を中心にアウトドアライフを始めたのだ。


キャンプと言えばカレーやBBQ、という一般式は悪くないが、料理を趣味とするなら調理器具や料理にも気合を入れるべし、という維持にも似たコダワリ。

そして凝りだしたら止まらない性格によって、衣装ケース1.5箱分の調理道具が揃ってしまった。いわゆる2バーナー的なイージーで便利なアウトドアではなく、焚火台で炭や焚火を起こしダッチオーブンを使用して数時間かけて調理をする玄人的な方法論で。





今年の夏休みらしい時間は、まず腕時計を外す。そして携帯の電源を切る。これが基本、ロハスなアウトドアライフは時間制約からの解放が重要。

そして、贅沢に2-3時間かけてゆっくり料理を準備し、数時間かけてゆっくりと仲間と語り食し酒を楽しむ(あまり強くはないが)。偶然にも貸し切り状態のキャンプ場には、ランタンとロウソクの光だけ。

そこそこ標高もあり秋の匂いがする心地よい風が吹き抜ける。空を見上げれば、東京近郊ではありえないほどの無数の星。BGMには虫の声。まさに絵に描いたようなキャンプシーン。笑


そんな中で、一人想いにふけったり、目を瞑って五感で自然を楽しむ贅沢。季節の移り変わりを体感できる幸せ。

なぜなら、仕事でしょっちゅう山の中に入るが、こうして純粋な自然を「堪能」する時間は皆無だから。



そう考えると、あらためて夏らしい時間と空間であることを強く感じる。

これからまだまだ変化や多忙な毎日が続くが、こんな時間を楽しみに頑張るのも悪くない。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。