FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
不意打ちを食らう
昨年立ち上げた勉強会も、2年次になり論文に忙しくなり始めてからは勉強自体は意図的に停止。

しかし、築き上げてきた仲間との絆を維持するために、修論の情報交換会や飲み会を継続的に開くことで、希薄になりがちな人間関係の維持をしてきている。


特に後期に入ると授業数が極端に減るため、仲間と顔を合わせること自体がなくなる。

そうなると、人間関係性は加速度的に脆くなる。


仲間の絆というものを集団凝集性という言葉に言い換えるなら、その集団凝集性を高める心理的要因は、接近性・閉合性・特殊な使命・同類性などがあげられるが、その条件を上手く使うことにより人間関係性を維持できるだろうと考えられる。

実際に、僕が30代前半で通っていたビジネススクールの戦友は、当時ガッツリとやりあったメンバーは10年以上たった今でも続いているのは、そのおかげだろうと思う。





先週末、その勉強会メンバーで、最近月に1回定例化しつつある息抜き飲み会があった。

成長意識と自己研鑽意欲の高いメンバーが集まっている勉強会とはいえ、論文のプレッシャーは高いらしく、ストレス発散を兼ねて毎回10名以上が参加 -それは同期の15%にあたる。しかも、今回は同期に加え、今年入学した後輩にあたるメンバーも特別参加した大宴会となった。


そんな大盛り上がりの中、突然の『バースデーソング』の大合唱。


またやられた。

昨年もそうやってサプライズされ、今年も再び。しかも、プレゼントまで…『勝負パンツ』。一体、どこで履くんだ?というGストリングスとブーメランの激しいヤツ。


なんて皆カッコいいんだ。自分の誕生日など1週間も前に過ぎており、とっくに忘れていた。こうして2年にわたり最高のたくさんの仲間にお祝いしてもらえるなんて、本当に幸せ。





年を重ねるたびに、皆が集まってパーティなんてのは激減する。それは普通かもしれない。また年齢を考えれば、子供じみていると感じる人もいるだろうし、お友達ごっこととる人もいるだろう。


しかし、誰かを祝ってあげたいという気持ちは、いくつになってもいいものだと思う。

今思うと、この勉強会のメンバーは知らない間に、皆お互いに、事あるごとに、何らかの形でお祝いしあう「文化」のようなものを築き上げてきたのだろう。自立と尊重、切磋琢磨と自己研鑽に基づく信頼関係、とでも表現できようか。




確かに僕はつるむのは好きではない。それは事実。

傷をなめ合う、感情論で愚痴や陰口を叩く、上っ面だけの八方美人、そういう群れ方にはヘドがでる。悪いとは思わないが、迎合したくはない。


しかし、本当に大切にしたいと思う人達は別。心を許し、信頼できる仲間はとことん真直ぐでいたい。そうすればするほど、本物の仲間に昇華するし、生涯の宝物になる。



今年もサプライズをありがとう。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
山村正の一言発言
これは驚きました!
2012/11/30(金) 16:00:02 | URL | 山村正 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。