FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
新メニューと「料理脳」
料理は単に食べるために必要な行動なのか、趣味なのか? それとも?
高校生の時に料理に興味を持ち趣味になってから25年にもなる。その始まりは今でも鮮明に覚えている。


両親兄弟の帰省で1人暮らしを余儀なくされた中学生の夏休み、冷凍のクリームコロッケが食べたかった。どうしても食べたかった。しかし、油で揚げることは禁止されていた。

ゆえに、なぜか僕は「茹でた」。

冷凍コロッケの「衣」は水中でほどけ可憐に舞い、クリーム状の「中身」はゆらりゆらりと気持ちよさそうに漂っていた。

人生で初めて目にする光景にショックを受けしばらく茫然としたが、徐々にどうしても食いたい!という悔しさが僕を襲い、結果、中身だけをそっと取り出してバターで軽く炒めて食したのだった。


そんな凄まじい経験後の高校時代、好きなだけ食べたい衝動に駆られ、母親のミートソーススパゲティを再現したことが本格的に料理に興味を持ったキッカケだった。

週末の昼食は基本的には僕が家族の分を作り、感想と意見をもらう。たまたまスタートがスパゲティだっただけだがイタリア料理の本の購入をきっかけにイタ飯レパートリーも増え続け、いつしか料理が趣味になった。




そして学生時代はスキー場のペンションの長期居候として、食器洗いを始め、様々な料理だけでなく食を提供する者としての基本を学んだ。もちろんキッチン周りだけでなく掃除やベッドメイク、接客まで。家族の一員の様な関係だったこともあり、子供のようによく怒られたことを思い出す。

「家事」=仕事を完遂するということがどういうことかを身を持って知った貴重な経験であった。


そんなオーナーの口癖は『段取り8割と相手への想い』だった。


料理で言えば、テクニックや経験は重要だけれども、まずは段取りが重要であることを徹底的に教え込まれた。何を作るのか、それに必要な道具や食材の準備とプロセスとタイミング。それらを用意周到に頭の中で描きながら、複数の料理を同時に調理し、美しく盛り付ける。もちろん洗い物からキッチンツールの管理まで。

料理が終わると、シンクもおおかたキレイになっているオーナーの姿は今でも忘れられない。


仕事がある程度出来るようになって初めて、理解できることでもあり、この経験は自分の人生に大きなインパクトとなった。




先日のホームパーティで、ダッチオーブンを使い丸鶏一匹を100分以上煮込んで作る純粋ラーメンを新メニューをリリースした。


同時に複数の料理も進めるのだが慣れた料理なら並行して出来ても、新メニューは進捗や仕上がりが不安定。キッチンはドタバタ… 結果的には無事サーブできたが、まだまだ無駄な動きが多い。悲 「段取り8割」は簡単そうで難しい。。。


というわけで調べてみると、どうやら「料理脳」というものがあるらしい。

料理をする(メニュー考案・切る炒める等・盛り付ける)ことで、前頭前野が活発化するとか。それがどう諸々の能力としてつながってゆくのかはもう少し勉強が必要そうだが、少なくとも料理は脳味噌には効くのは確かなようだ。

ペンションのオーナーの口癖をビジネス風に少し強引に言いかえるのであれば、ロジカルシンキングとマルチタスク処理、そしてメンバーへの気遣い、とでも表現できようか。


料理男子が叫ばれて久しいが、ただメシを作れればいいってワケではない。料理は創作ありロジカルありでバランスが必要なのだろう。料理とは、自分の能力を高める趣味でも修行でもあるのだ。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。