FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
涙の価値
先日授与式が終わり、公式に大学院生活が幕を下ろした。

その2日前に行われた卒業パーティの後、日曜夜にもかかわらず2次会・3次会と深夜まで飲み歩いたのに、平日の卒業式と授与式の後も、また飲みに繰り出したのだ。

式に参加したゼミ仲間数名で飲み始めたが、いつの間にか他のゼミに属する戦友達から続々と連絡が入り、途中から僕らのゼミで飲み直しに加わった。

週末のパーティとはまた異なり、公式行事としての卒業式の直後だったこともあって気持ちが高揚していたのか、いつも以上に…いや狂うほどに盛り上がる。気が付くと、いつの間にか大所帯での大騒ぎになっていた。



平日の仕事後→授与式後にも、かかわらず4時間以上も騒ぎに騒いだ。


終電間際。

飲み会に参加した仲間の多くが、目を赤くしていた - 泣いていた。
僕もそんな仲間の姿を見て、鼻の奥の方に鋭い痛みを感じたが上を向いた。

帰宅後にも、「寂しい…」「家に帰ると涙が…」とメールが届く。そして、その翌日も。


涙の意味。

それは大学院が終わるというの涙ではなく、仲間と会えなくなるのことへの感情的抵抗。
2年間、毎週のように顔を合わせ、頑張ってきた仲間との学生という「共通項」が消失することへの失望感。


涙の本当の意味。

その本当の意味は、「寂しくて泣いてしまうほど人間関係を育んできた証」 であると思う。



学生生活だけが人間関係のほぼ全てであった義務教育時代の別れではない。

職場・家庭・趣味…さまざまな人間観関係が存在する場所がある中で、その一つである大学院という限定的な世界において、仲間との別れに涙できるという「価値」。

それは、時間と想いを重ねて深い人間関係や信頼関係を構築してきた人だけに生まれる誇り高き感情。


自分だけの世界に閉じこもって仲間との接触を拒んだり。
自分の感情が優先で、人の気遣いや優しさを踏みにじったり。
自分の足元を見ず、人を裏切ったり陥れたり妬んだり。


そういう人には決して理解されることのない本当の意味。仲間を大切にしてきた人だけが手に入れることができる、友への想いが結実した「別れの涙」であり、涙の本当の意味であろう。そして、それは何よりも美しい。

人は人で結ばれる。仲間は自分の生き様の写し鏡。



大切な戦友へ - 2年間、勉学以上に充実し暖かく、心強い時間と想い出をありがとう。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。