FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
大解放!な週末
朝晩はまだ肌寒かったGWも過ぎ、梅雨に入りながらも心地よい皐月特有の空気感に包まれることが多い季節。

身体を動かすことと料理や食事にはベストシーズンである。

大学院の授業がない今年は、土日をフルに使って遊び倒すモードである。30代の半分ほどはビジネススクールで勉強をしていたこともあり、来年から博士課程が始まる(予定)までのひと時の解放感に浸っている。

学会論文の執筆は気になるが、週末のプランを立てることにワクワク感を感じるなんて久しぶりである。



ある週末は海。

海を泳ぐ「オープン・ウォーター・スイム」の練習や波乗り。暖かい日差しが、少し冷えた身体に気持ちいい。そして、そのまま光り輝く海を横目に海岸線をランすると、テンションアーップ!スイム後にも関わらず、いつもよりもピッチが上がり10㎞を45分くらいで走る(それでもあまり早くはないが…)。

さんざん身体を痛めつけた後は、いきつけのセミオープンカフェでメローな時間を過ごす。目線の先には海、薄暗い店内と静かに流れるボサノバ。暮れてゆく海を眺めながら時を過ごし、気ままにしゃべりながら時間をかけて食事。


なんという充実感!



ある週末は山。

野外道具を四駆に積み込み、大自然の中へ。サイトを決め、まずは居住区関連を整えてから、すぐにキッチン周りをセットして食事の準備。ここからがプライムタイム。

まずは5時間以上煮込むため、ダッチオーブン料理を仕込むのが第一。クラムチャウダー・ミネストローネ・チリコンカルネ・コーンスープ・ブイヤベースなどなどダッチ料理のレパートリーはずっと増えている。下ごしらえができたら、あとはダッチオーブンが勝手に調理してくれる。

パチパチとはじける音、そよぐ風、刻々と色彩を変える空。ひと段落したら酒を飲み炭火料理を緩やかに始める。できる限り家庭の台所を持ち込まない主義。食器もカトラリーもアウトドア用のものを使い、日常から切り離す。そして、新鮮な食材をシンプルにワイルドに頂くのが、心地よい時間を作り出す要素だ。


なんという開放感!




人生、たまにはこうした心を洗うような時間をタッープリとることも重要だと改めて感じる梅雨の晴れ間である。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。