FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
長く心地よい、習慣
儚い秋と同じくらい早足で駆け抜けていった梅雨。

夏の準備ができていたのはきっと太陽だけで、残されたのはまだ梅雨明けに対応しきれていない僕たち自身だった。

今年度のトライアスロンは大会申込みタイミングを逸してしまった関係で来年度に持越しが決定。トレーニングは継続的に積むものの、その代替趣味として再度気合を入れ始めたのが波乗りである。昨年クリスマスや今年のGWにも乗ったが、本当に息の長い趣味…行かなかった年も数年あるが、かれこれ18年…ロングボードだけでも14年!


体が溶けてしまいそうな気温と共に慌ただしく迎えた7月の3連休、ほとんどその存在を知らない台風7号は太平洋岸にサーファーだけが喜ぶウネリを届けてくれた。



前夜。

面倒くさくて長いことズボラして使ってきたワックスをリムーバーで剥がすと、ソフトボール大なサイズ。これまで数年間分の垢のようにも見える。

綺麗に剥がし終わると、ハワイでノースにサウスに探しに探した想い出が甦る。カルフォルニアの板だが、ハワイを経由して日本に発送したコダワリのボードである。


その後30分かけて、3メートル近くあるボードにゆっくりじっくりと真新しいワックスをかけてゆく。懐かしい作業であり、海に入る前の儀式のようでもある。久しぶりにやるとそれだけで充実感を感じるのはなぜだろう - いつもは面倒なだけなのに。

明朝は5時起き。遊ぶ時だけは、早起きできる。



朝6時半の海は遠ざかってゆく台風からのウネリを求めて、すでに湘南の海は混雑。それでも水は滑らかにまとわりつくように気持ちよく、薄い雲の切れ間には碧く澄んでいる空。

水平線を見つめてただひたすら波を待っていると、割れない波の揺らぎはどこか心に落ち着きを与えてくれる。またテイクオフすれば海面をすべりながら風を感じる肌が心地いいし、音さえ消えただ波に乗ることだけに集中する瞬間。


それに波乗りの魅力はなにも海の中だけではない。

ウエットを着る時のソワソワ感や、台風の波に揉まれ自分のボードが直撃してヒビを入れた肋骨の今もなお残る小さな痛み。片付けた後のけだるい疲れに沁みわたる極甘のコーヒー。そしてガラム(タバコ)の香り。高速左車線をゆっくり走りながら車の窓を全開にして夏の空気を吸い込みながら、Jack Johnsonを流す風景…。ずっとずっと変わることのない習慣。


こうした波乗りに関連する全てのシーンが好きなのだ、きっと。それが十数年も続けてきた無意識な理由であり、再認識する続ける理由なのだ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。