FC2ブログ

コツコツの結果

勉強のための勉強は嫌いである。それは今でも変わっていない。

そして、それを理由にTOEICなどは一切受けてこなかった。記憶のある英語の公認試験結果は…実は「英検4級」。中学1年生にさかのぼる。

それでも世界5大陸47カ国旅をしてきたし、20代は夜間大学でビジネス英語を学び、外国人だらけの会社で働いてきた。そんな経験が、なおさら僕に英語能力試験というものから遠ざけてきた。

英語なんてコミュニケーション手段に過ぎず、ダイバーシティの中で問われるのは人間性だと信じて疑わなかった。その想いは今でも1ミリも変わっていない。


しかし、そうもいかなくなってきたのが今年2013年であった。





大学院博士課程進学に際し、英語力が求められるからだ。条件は800点以上。

英語には個人的には自信があっても、公的に証明するものがない。よってTOEICで証明しなければならなくなったのだ。基本的には海外文献を多く読み漁るのだから当然と言えば当然。

とはいえ、やはり勉強のための勉強はしたくない - その想いが強く腰が鉛のように重い。

そんなこんなで初受験は9月末、しかし週2回ほど貫徹40時間ぶっ通しで仕事していたこともあり、全く、本当に全く勉強せず試験日を迎えたのだった。試験日当日に、どんな問題構成になっているかを本で確認した程度で本番。

美しく完璧なまでの丸腰… いくら自信があってもTOEIC用の勉強もせず、加えて独立してから9年間は全く英語という英語は使っていない。そんな環境で高得点を取ろうなんてこと自体、ナメている。真面目に取り組んでいる人たちに失礼なほどに。


当然ながら、完全なる手抜きにカミサマノバチが当たった。

結果は大学院が求めるハードルを少し下回ってしまった。それでも、いや願書を出すまでにあと2回も受験チャンスはある!と気をゆるめたのか(そうにちがいない)、11月回申し込みに15分遅れて申し込み自体に失敗したりして、入学願書同時提出に間に合う残されたチャンスは12月回の1回のみ。それに気がついたのは10月の終わりのこと。

マヌケ過ぎる、自分。





そんな状況にもかかわらず、相変わらず腰が重い。11月中旬にようやく友人に勉強方法を聞いて勉強を開始したのだった。試験は12月8日、残り3週間しかない…と今さらながら愕然としつつ(やはりマヌケだ)。


したがって当然トライアスロンのトレーニングは試験日までは完全中止、毎夜ファミレスを変えながら文法や長文と戦う。そして読書していた電車移動は全て、携帯アプリでTOEICの文法問題を目を三角にしてひたすら解きまくる。猶予は今回1回のみ、完全に崖っぷちの苦いヒリヒリ感を味わいながら。

試験日まで3週間ほどの間、解いた問題数は4000問 - 必死の追い込み結果が今日WEB速報で届いた。


リスニングは奇跡的に満点(中学理科中間テスト以来だ)、総得点は前回から百数十点アップし900点を優に超えていた。2回の受験で大学院入試の条件をなんとかクリアでき、アブナイ橋を渡ることができた。


だが、たまたまケツに火がついて集中して取り組み、試験内容との相性が良かっただけの話。久しぶりにヒヤリと汗をかきコツコツ続けることの重要性を改めて感じた。

『日々の小さな積み上げだけが、自分をとても遠くに連れていくのだ』 (byイチロー)


とはいっても、入学試験は英語だけではない。研究計画書ですら完全には出来上がっていない。試験当日までにやることはまだまだあるのだ。これから冬休みだけど、毎日小さくても着実な一歩を。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

TAK MARUYAMA

Author:TAK MARUYAMA
株式会社エバーブルー 代表取締役
日本焚火効果研究所 所長 / 焚火研究家

★明治大学大学院 経営学博士(Ph.D. )
★明治大学大学院 経営学修士(MBA) 

【ニューズウィーク日本語Web版 に掲載】
★クリック→「チャレンジング・イノベーター」

***

国内ベンチャーの人材派遣会社設立経験を経て、外資系IT企業の人材アウトソーシング事業の立ち上げと運営に従事。その後、組織変革を軸とした外資系人事戦略コンサルティング会社の組織改革コンサルタントを経て独立。

世界49カ国放浪や国内・外資系企業の現場で培った「ヒト」と「ソシキ」に関する本質的で敏感な人間力を活かし、アウトドアを使って経営陣と社員の体験型抜本的意識改革を行う。また成長型人事制度構築など人的資源管理のコンサルティングの両刀使いが特徴、「ハート:意識」と「ハード:仕組み」の両面から組織変革戦略を描き実施するユニークな事業を展開する。書籍「組織の起動スイッチ!」をはじめ、雑誌・新聞メディア露出多数。

日本焚火効果研究所を設立して代表理事に就任、焚火効果研究の第一人者。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索