FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
今夜は贅沢に?
晩冬からずっと温めてきた大型プロジェクト。

ある大手企業のキャリア教育の根幹から変革する、国の事業も絡んだ一大案件である。構想着手から企画・具体化を経て、承認の段階で想定外の一次停滞。もどかしい時期もあったが、あの手この手で後押しして待ちに待つ。

正式GOが出たのは、もう真夏ど真ん中であった。

そこからというもの、国が定めるデッドラインに間に合うように、秒針分歩で企画を軌道に乗せる。



プロジェクト構成自体は難しくはないが、ミドル以上のキャリア教育という非常にセンシティブ、かつ企業経営側のレピュテーションリスクをも孕む可能性のある性質をもつ。しかし、それを切り抜けなければ、組織へのダメージもさらに蓄積する。

ゆえに、クライアントサイドも、企業創業後初の肝いり人事組織関連の大改革に、期待と不安を抱えている。

それに、さらに国が絡むため、超慎重に、しかし有期限の迅速性と効率性、そして結果全てが同時に求められるアイロニカルなプロジェクトマネジメント。


その船頭が自分なのだ。もちろん強力な自社パートナーがいるものの、役割責任上、相当キバらなければならない。




これまで自社・クライアントと詰めてきた仕掛けの第一弾が、今日ローンチを迎えた。

成功。 とても小さいけれど。


スゴイ成功は、小さな小さな成功の結晶でしかない。そして、さらにその成功は、関わった人のさらに小さくて緻密な努力の総和でしかない。僕の中では、オンスケジュールの歩みであるが、それも仲間とクライアントの協力・協働によるものであり、本当にありがたいことである。


とはいっても、まだローンチしたばかりであり、ようやく本格的なスタートを切ったにすぎない。それでも、少しだけホッとしたのも事実。


その事実に少しだけ甘えて、夏の常食であるアイスは、今夜だけは300円の豪華版を。

深夜の300キロカロリー摂取は自分ルール違反もいいところだが、目をつぶろう。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。