FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
都内で焚火プログラム、始動。
某超大手商社の役員対象の焚火合宿、今年で3年目を迎えた。

自社が10年にわたって提供し続けている名物焚火プログラム 『 Dialog Around Fire 』 は基本的に雨天でも行うが、やはり晴れの方が気持ちいがいい。

一昨年は雨。 去年は雨。 やっと3回目のリベンジで快晴、風もなく11月の伊豆の山奥といえど過剰には寒くない好天に恵まれての開催である。

今春に進学した大学院博士過程での研究も重なることから、集団発達や凝集性変化と焚火の効果を絡めたデータ収集にも快諾頂き、合宿自体の評価も合せて非常に実り多く幕を下ろした。その分析結果は学会発表の事例としても好評で、これまで10年にわたり培ってきた焚火理論の理論的裏付けが進んでいる。




そして、さらに進展するきっかけが生まれた。

六甲山にて毎年マネジメント教育を担当させていただいている企業の人事トップから、大学機関において人材育成論を研究されている第一人者として名高い教授の紹介をされた。

東京大学の 中原淳 先生である。

焚火を使用した集団発達の研究と事業を行っている旨を伝えアポイントを試みると、「焚火好き」と自ら仰るだけあり、すぐに早朝8時からの対談が実現。焚火が持つ心理的効果を用いたコンサルティングや教育を企業の役員から内定者まで展開している実績や理論的背景、今後の展開などを説明した。

以前、中原先生はスノーピーク社 社長の山井さんとの対談の中で、スノーピーク社がユーザーと焚火を囲みながら本音のフィードバックをプロダクト企画に役立てていることを聞き、焚火と教育の可能性を感じていたらしい。そんな背景もあって、その場でコラボレーション企画がプロジェクト化が決定。


いわゆる堅物な国立大学の上から目線な教授風なところは1ミリもなく、旺盛な好奇心と素早い行動展開は起業家を感じさせるものすらある。久しぶりにワクワクする展開である。



こうして、中原先生率いる経営学習研究所との共催で、2015年2月6日金曜日に都内にて焚火プログラム開催が決定した。

『焚き火 de 組織開発 : 燃えさかる炎とリフレクティブ ダイアログ』 (笑)

題名とは反し、火遊びではなく焚火がもたらす教育効果がふんだんに盛り込まれたセミナー風な焚火セッション。肝は「リフレクティブ ダイアログ」、独自の集団発達理論と焚火効果を掛け合わた教育の振り返り手法である。


数千人におよぶ教育経験から確立された理論と、焚火を教育の重要なパーツとして戦略的に位置づけられた実体験セミナーを行うのは、世界で初めてウニを食べてみた人のように前代未聞かもしれない。しかも、大学教授とのコラボレーションで、企業の人事や人材開発に携わる人向けの真剣勝負。


ハードルはあがりっぱなしであるが、焚火が人にもたらす効果を研究する 『日本焚火効果研究所』 の正式設立にも関連するためヤリガイは十分。

2015年はどのような進展の1年になるのか楽しみである。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。