FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
出会いと仲間と忙しさと
出会いの春、 別れの春。 そして儚い桜。

劇的な忙しさロケットスタートな始まった。これまで関わってきたボランティアのような会社立ち上げ支援にとりあえず区切りをつけ、自社の活動を本格化したのが1月。

クライアントに対して「自分自身が心底正しい・心から本物である」と信じられるアウトプットを再び提供できることに、これまで以上の喜びを噛みしめていた。そのアウトプットの是非がそのまま自社の評価になり、それが今後の成長を左右するからである。

ここ2年間、大手外資コンサル会社や起業支援をして多少の寄り道をしたが、そのおかげで自社では決して得ることのできない大きな大きな学びを手に入れ、そしてさらに、気持ちの上で「新生」な感情を持つことができた。

実り多き寄り道から軌道に戻すのに、多少の苦労は想定していたが、その予測は大きく上ブレ。次々にオファーを頂き、多忙を極め始めたのだった。



3月中旬からトレードマークでもある「焚火合宿」が動き始め、新しいビジネスゲームのファシリテーターも兼務。さらに、最もやりがいを感じる仕事、チェンジマネジメント案件やサクセッションプラン案件(後継者育成)に関与し始めた。

通常の教育PJは自分の「型」があるから、ある程度ヒューリスティックで対応できることが多い。しかし、チェンマネや策セッション、そして今後関わることになりそうなPMI(ポスト・マージャー・インテグレーションの略)は、完全にその会社にフルカスタマイズが必要な業務であり、戦略性と創造性と計画性と柔軟性が求められる高度な仕事。

それゆえに、全身全力で向き合っていくハンズオン型の「やりがい」と「ヒリヒリ感」、そして何より 「頭脳酷使感」 がたまらない。

それが仕事における「生きがい」といっても過言ではないかも。

なんだか言葉にすると、より「生きがい感」をシミジミ感じるのが不思議だ。その生きがい感が結果を伴った「充実感」に変わると、人生が輝くのかも?しれない。




そんなこんなで、4月は東京業務率は30%ほど、休みもほとんどなくアチコチ飛び回っている。出張は好きだから苦にはならないものの、新人研修から経営陣まで幅広いプログラムやコンサルティングだけに気忙しさは満タン。

それでも、新しいし種類の仕事依頼で知り合ったプロフェッショナルたちとの出会いは、忙しい日々に活力を与えてくれた。特に自分の独自開発コンテンツを持って頑張っている方との出会いは、特に貴重なものである。とても勉強になるし、切磋琢磨できる感じが嬉しい。


そして何より、今夜から1週間ずっと、大型のチェンマネ案件により、地方の片田舎で缶詰状態で焚火合宿。まぁ毎日焚火をたくわけではないが、理念構築・体験学習・内省・討論など様々な工夫や仕掛けで、とてもスパイシーな合宿になることは間違いない。

忙しさと、仲間と。


4月もいよいよ終わりの週、そして超ヘビー案件の始まり。 クライアントと共に充実した日々が送れますように (-人-)

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。