FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
東京LIFE、戻るものの。
3月から忙しくなり始めたと思ったら、気がつけば もう夏直前。

めぐるましい日々が落ち着き、ようやく少しだけ余裕が生まれつつある。4月はほとんど東京にはおらず、焚火合宿や経営陣合宿で郊外や地方に。GWも半分以上仕事で過ごし、曜日の感覚すらなくなっていた。

4月という時期的な多忙さもあるが、活動を分解してみると、特有の新人絡みは少ないことが判明。時間の大半を占めるのが組織変革関係の仕事である。

リーマンショックを境にコンサル案件よりも教育案件に偏る傾向が強かったが、景気回復の兆しもあってか、組織力の向上のテコ入れをリクエストされることが増えてきたといえる。

とてもヤリガイもあるし、これまでの経験や研究を活かすことができるし、嬉しい傾向である。



5月下旬。

博士課程2年生として、初めて授業に出席。突然現れた「トシウエノヒト」に、クラスの学生たちがキョトーンとした眼差しで僕を見る(日中の授業には修士過程の純粋学生がしかいないことが多い)。

「ダレコノヒト?」「マチガッテ キョウシツニ ハイッテキタノカナ」 と顔に書いてある。

しかも、教授の顔にさえ 「ダレ?」。


社会人ドクター生で、多忙につき始めて授業に参加した旨を伝えると、「ナニヲイマサラ」風な困惑した表情。そうだよなー、授業の1/3が終わってるのに、今頃 はじめまして はないよな。

さらに、もう1つの別の授業に初めて出られるのは、来月中旬 …前期の半分が終わってる(T_T)



そして今、物理的にオフィスを離れて、山中での合宿で身体を取られる仕事は、少しだけ落ち着いた。

しかし。落ち着いたというのは、実は物理的な「移動」が落ち着いただけに過ぎない。

合宿やコンサルのフォローアップと次の企画がスタンバッているのだ。クライアントから「こなくていい」と言われない限り、教育でも合宿でもやりっぱなしには絶対にしない。絶対にフォローアップに入るのが僕の信念である。

ということで、結局東京LIFEが戻ったら戻ったで、提供成果の効果性維持・向上や、それを受けての次のRFP(新規依頼)の企画書作成とプレゼンがどっさり…。


8月にはマレーシアでの学会発表が待っているというのに、一体いつ研究するのか?しかも6月下旬の今年初のトライアスロンのトレーニングもしたい。その前に、今週末のロードバイクの100kmライドイベントの準備もある。いや、そもそも、授業にも出なくてはならない。


時間配分がこの夏を乗り切るの鍵となりそうだ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。