FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
焚火&論文生活
つい先日、自社始まって以来の初の全行程 英語での合宿プロジェクトが無事成功したのが7月頭。

春から続く合宿やコンサルの嵐が一息つくタイミングだったが、次に襲われる予定は7月20日締め切りの、マレーシアでの学会の予稿提出。シャバでゆっくりできるのは、実はたった2週間。

7月3週目は、丸々1週間に渡り合宿が横たわっているため、学会の予稿執筆の実質的な時間的猶予は2週間しかないのだ。当然、その間にアポイントやらコンサル先の分析や資料作成もある。

まさに、時間との戦いの14日間の波乱の幕開けなのであった。

英語での組織活性化プロジェクトが終わった翌日、あたらめて研究室の机に座り、ワードを開いて論文タイトルを書き込むところからスタート。副題、所属大学、メールアドレス… マレーシアの大学が指定する書式に合わせてタイプする。アブスト(要約)は、まだ本文がないから書けないが、だいたいこんな感じか?みたいな。

って、そんなところからかーい!

さらにさらに、論文の半分以上を使おうとしているアクション リサーチ部分のデータ分析どころか、ロー(生)データすら入力されていない!!自分で言うのもなんだが、とにかくひどい状態だ。

夏休み最終日ギリギリで「ドラえも〜ん!」と泣きつく のび太となんら変わらない。



何を隠そう、海外学会での発表面接があったのが6月頭。そこから始めればかなりの時間があったのに、忙しさにかまけてずっと逃げていたのだ。頭の中のサボリ魔が叫び続ける。

だって日本での学会発表だって2回しかやったことないし!
それに海外での発表、およびその予稿とはいえ英語論文なんて書いたことないし!!
そもそも、俺っちは社会人で忙しいんだよ!!!

身も蓋もない、自分勝手な言い訳で。



とはいえ、いささかユルめの学会だったという諸先輩の入れ知恵(?)を劇的なキッカケに、こちらも相手も非英語圏同士、発表も論文も第二外国語ということで!と勝手に解釈し、ダイレクトに論文を書き始める。

本当なら日本語で一度論文を書いて、ある程度まで出来上がった状態から英語化する方が確実なんだろうけど、そんな悠長な時間は今やない。とするなら、書くべし書くべし!!と自己暗示をかける。目標は6ページ・最低文字数2500字。

最も非生産的で無駄な労力でしかないデータ入力は週末の夜間に行い、平日の空いている時間はとにかく文字を稼ぐことに集中。またコンサルティングで培ったコンテンツリッチにみせる手法を応用展開して、とにかく書く描くカク。


気がつくと8ページ3500字手前、ここまで8日間。とりあえず量だけは確保。

この後はロジックの精査や英語自体の文法的チェック、そして参考文献チェック。しかし、文字数を目指して雑に書くと、あとからの手入れが大変だという罠にどっぷりハマり…これがまた面倒くさくて時間がかかる作業。途中で「海外の論集に掲載される可能性もあるから、ちゃんと書きなさい」という教授からの怒涛の追加指示。

仕事の合間や諸活動の合間にパソコンを開き、ナメクジのようにノロノロと進めるものの、やはり合宿中はそんなこともできず、完全に手が止まる。そんなこんなを繰り返し、最後の最後に、提出した直後に担当教授から大幅な訂正を求められたりとどんでん返しのドラマ付きだったが、ようやく提出完了。


残るは、現地での資料作成だが、これは英文とはいえPPTで作成だから楽勝な作業。梅雨も明けたし、仕事も論文もひと段落した、気持ちが良い午後である。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。