FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
t 検定? 学習のし直し。
自分ではあまり自覚していないが、勉強は以外と好きかもしれない。 と思うことが良くある。

社会人2年目から大学系の語学学校やビジネススクールに通ったのも、勉強好きが根底にあったからのような気がする。一方で、今や安定性を何ら担保しない企業の名前に頼るリスクを感じ、個人としての市場価値を高める目的も持っていたのは事実。ゆえに、学ぶということが苦ではないことには変わりない。

これを単純に知識欲求や好奇心が旺盛、といえばカッコイイだろうが、学ぶことが好きな更にその奥には、「目的」が存在するからであろうと思う。

逆にいえば、目的や目標なしでは趣味すらまともに続かない。なんとなく楽しい、だからやる。というのは僕の中にはないのかもしれない。これまで消えた幾つかの趣味を振り返っても、確たる目的や目標がなかったからだろう。



論文のフィードバックがあった。

前回の論文ではこれでもか!というくらいフィードバックをいただいたが、今回のそれは、少なくして激重なものであった。

今年の一発目は先行研究レビューではなく、対照実験の分析から導出する仮設の立証である。これまで仕事で取得してきた数百のアンケートの一部を分析し、そこから業務の経験則的に確信している法則を理論化する試みである。

定性分析と定量分析の両面からアプローチしたことについては高く評価されたものの、定量分析の方法論に壮絶クリティカルな意見をいただいた。今の分析は話にならん、「t 検定」や「分散分析」などを使用して、厳密に行なわれるべきである、ということである。

なるほど!(ポン) ・・ で、 t 検定 って何だっけ?聞いたことはあるが。。(宅建?なわけがない)。

そして、担当教授からクールな追い打ち一文。学部レベルの統計学から学び直しなさい、と。



今からほんの一部だけでも t 検定とやらを学んでも論文の再提出期限にはおそらく間に合わないだろう。というわけで、すっぱりとあきらめて、早速書籍を注文した。超簡単な入門編、くらいな勢いのレベルから。

研究のための学び直しなのである。

仕事で取り入れる様々な最新理論や意見は知識欲求のままに学ぶのだが、勉強のための勉強は腰が重い。しかも、難しい統計学なんて・・・。と思う反面、僕が証明して発表しようとしている理論の裏づけが強固になるなら、それはそれでやりがいがある、かもしれない。救いは、エクセル様。

今時の時代はパソコンという魔法使いが計算をしてくれるので、とにかく統計の概念から学習し、どんなことを証明するために、どのようなデータを用いて、どのように算出して、結果をどう解釈するか。次の論文提出機会までの自分の宿題である。


GWの半分は仕事。半分は・・・ロードバイクにも乗りたい。悩ましい。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。