FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
アイアンマン 第0関門、通過。
四十路の手習いではじめる、と決めたトライアスロン。

気がつけば今年で4年目、年間で数レースずつ参加してきた。ある程度のタイムは意識しているものの、一緒に出場した仲間と完走することが、一番のモチベーションである。

しかし、それとは別に自分自身との戦いであり、人生の目標の一つとして位置付けている大会がある。

『 アイアンマン 』

といっても、それには2種類ほどある。一つは「ミドル」と呼ばれる約115kmの距離。もう一つが約240kmほどのロングである(200km以上の大会でもアイアンマンの冠がつかないものもある)。


僕は人生において、45歳までにミドル ディスタンスを、50歳までにロングを完走する目標を掲げている。



今年5月に参戦した横浜国際大会は、トライアスロンが一気に楽しくなったターニングレースとなった。

それまでは、特にスイムパートで、「なんでこんなに苦しいことやってるんだろう・・」とエントリーを後悔することしきり。しかし、横浜大会で逆転3位入賞した日本の小柄な女性アスリートを見て、競技の取り組みスタンスを変更したらことから、それはそれはとても楽しくなったのだ。

これを機に、トレーニングも全く苦ではなくなったし、士気もあがってバイク機材のグレードアップも実施(言い訳?)。ギアが新しくなれば、やる気も出るってものだ。そして何より、周囲へのコミットメントをした。この宣言が、自分を追い込むには以外と重要だ。

「来年、アイアンマンのミドルに出る!!」と 意気揚々に。



エントリー開始がリリースされた1時間後。たくさんある項目を一気に埋めてエントリーを完了。第0関門、通過。

スイム1.9km:50分 / バイク90km:3時間半 / ラン21.5km:2時間 でトランジット込みで6時間切りという予想タイムを入力。

バイクの後半にはアップダウン激しい激坂があるし、ラン前半も同様。それぞれ単品では十分にイケる距離だけど、3つ繋ぐとちょっとハードル高いかもしれない。エネルギー補給戦略も大切だし、なにより未知の世界。

それでも、これを目標に、11月下旬から6月頭までの7ヶ月間、トレーニングを開始する!

・・・というとカッコいいのだが、激多忙なのも事実。いかに隙間時間をぬって練習するか。効率的にスキルを上げるか。モチベーションを継続するか。これに尽きる。悲観は「感情論」であり、楽観は「意思力」であるというアランの言葉を胸に、一度決めたらやるしかない。


自分の限界は自分で押し上げるもの。その押し上げた分だけ、自分のキャパシティが広がる。

人生の一つの目標に向かって。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。