FC2ブログ

焚火で組織を変える社長の日記

〜 代表取締役・焚火研究家・大学院生・父親・トライアスリート、そしてサーファーとして。
感動の津波
ここ1ヶ月ほど次々と襲う合宿の嵐。ようやく一段落のつかぬ間の時間。


とはいえ、徐々に雑誌掲載や出版等を使ったメディアミックスでのブランディング戦略の時期に突入しようとしている現在。発信側の意図が受信側にそっくりそのまま伝わるとは限らない。

しかし一度定着したブランドを変えるのは非常に困難な、ある意味一発勝負に近いともいえる
この戦略は相当の慎重さと大胆さが求められる。

それだけに悩ましい。





そんな中でも、新人への組織価値観浸透合宿のPPR:ポスト プログラム レビューが続く。つまり、やったらやりっ放しのいわゆる研修屋ではなく、それらの理解・浸透・行動化させることにコミットを置くスタンスだからこそ、徹底的なPPRが重要。



浸透プログラムで学んだことを、日をおいたのち、自社の先輩や経営者に再びまとめ、プレゼンテーションする。それらは戦略的に仕組まれた非常に効果的な手法である。


◎自分たちの実体験から学んで“府に落とした”事柄を、一定の時間経過の後に再び捉え直すことで、客観的に腹に染みいるように理解を深めることができる。つまり自主的に行動化を
促進するカンフル剤となる。

◎先輩や経営陣に対し、入りたてホヤホヤの新人が組織価値観を遵守する姿勢やコミットをするために、既存社員への危機感を煽ることができる。つまり、部下に対し上司ができる背中を見せなければならないという自覚を生むことができる。





参加者が達成感と充実感で涙々で合宿が終了し、オブザーバーとして参加した経営人までが思わす涙腺をゆるめたシーンが、レビューの際に再び蘇るたびに、感動が津波のように押し寄せるのが新人達を見ていてわかる。

まだ入社間もないからともいえる。しかし、その経験が心のアンカーとなればなるほど、経営者や先輩たち、そして組織へのロイヤルティに変化する。その結果徐々にではあるが企業が目指すベクトルに社員が向き始める…。

組織は社員の心理の塊なのだ。



そして我々も合宿が終わっても、再び共に戦い抜いたメンバーや経営陣と会うたびに愛着が沸き、
その愛着はいつしか揺るぎない信頼に変わる。


きっと、その強固な信頼もまた、強烈なブランディングなのだ。











スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.